ANAとアリタリア航空が提携 アライアンス越えコードシェア、今秋運航開始

ANAとアリタリア航空が包括提携に調印し、コードシェアが開始されることになりました。双方の国への渡航需要の高まりを追い風に、イタリア線での旅客数の拡充を図るとしています。

日本とイタリアを近づけるファーストステップ

 ANA(全日空)とアリタリア-イタリア航空は2018年3月23日(金)、包括提携契約を発表、その調印式が行われました。2018年10月28日(日)より、コードシェア運航が開始される予定です。

Large 0323 nhaz 01
ANA 藤村常務執行役員(左からふたり目)とアリタリア航空 マッシモ最高戦略・オペーレーション執行役員(同3人目)(2018年3月23日、乗りものニュース編集部撮影)。

 2015年統計で日本人のイタリア観光客数は約40万人、訪日イタリア人観光客数は2017年統計で13万人。今回の提携は、双方からの渡航需要の高まりを背景に、両国の国内各地からの旅客数拡充を図るものとしています。

 コードシェアは、イタリアへは成田からミラノとローマ、ローマからフィレンツェ、ベネチア、ボローニャ、トリノ、ナポリの5都市へ就航。日本国内では、成田を起点に札幌、仙台、大阪、福岡、沖縄に就航します。

 式に臨んだアリタリア-イタリア航空のイラチ・マッシモ最高戦略・オペーレーション執行役員は、現在、日系航空会社がイタリアに乗り入れていないことに言及し、「今回の提携は、これまで凍結していた日本とイタリアの関係を近づけるファーストステップです。今後さらに日本各地へのコードシェアを増やし、旅客増につなげていきたいと考えています」といいます。

 なお、ANAはスターアライアンス、アリタリアはスカイチームと異なる航空アライアンスに加盟しており、またアリタリアは2017年に経営破綻しています。そうした背景があるなかでの今回の提携に、ANAからアリタリアへの資本出資の有無について質問が及びましたが、同じく式に臨んだANAの藤村修一常務執行役員はこれを否定しています。

 コードシェアの開始と共にマイレージプログラムの提携も行われます。マイル積算は、コードシェア区間限定です。マイレージ特典航空券利用は、双方が運航する全便に適用されるとしています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180323 nhaz 03
  • Thumbnail 180323 nhaz 04
  • Thumbnail 180323 nhaz 03  1
  • Thumbnail 180323 nhaz 02

関連記事

最新記事

コメント