半蔵門線に新型車両、2020年度導入へ 設計に着手 東京メトロ

東京メトロが、2020年度の導入に向けて、半蔵門線新型車両の設計に着手します。

ホームドア導入も進む

 2018年3月26日(月)、東京メトロが2018年度事業計画を発表。このなかで、2020年度に半蔵門線へ新型車両を導入することを明らかにしました。

180326 metroz 01
東京メトロ半蔵門線をはじめ直通先の路線でも使われている8000系電車(画像:photolibrary)。

 現在、半蔵門線は、他社の直通車両を除くと、1981(昭和56)年登場の8000系電車と、2003(平成15)年登場の08系電車が使われています。新型車両は2018年度に設計に着手され、2020年度に導入される計画です。

 なお、半蔵門線の駅ではホームドアの導入も進められます。すでに使用が開始されている九段下駅に加え、2018年度は渋谷駅、表参道駅、青山一丁目駅、永田町駅、半蔵門駅に整備する予定。2023年度には、半蔵門線全駅で導入が完了する見込みです。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 形式は18000系で決まりでしょうな。
    おなじ東武スカイツリーラインに直通するんだし、基本デザインは日比谷線の13000系に倣うことをしてもいいんじゃないか。

  2. 18000系が出たら先に故障率が高い08系を置き換えそうな悪寒。