東急田園都市線で「渡り線」追加 トラブル発生時の折り返し運転を強化

【写真】新中期経営の目標は「持続的な成長」

Large 180328 tochuyoga 02
新中期経営計画を発表した東急の野本社長と次期社長の高橋専務。「Make the Sustainable Growth」のスローガンを掲げる(2018年3月27日、草町義和撮影)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180328 tochuyoga 02
  • Thumbnail 180328 tochuyoga 01

Writer: 草町義和(鉄道ライター)

1969年、新潟県南魚沼市生まれ。鉄道趣味誌で列車の乗車ルポや幻の鉄道(未成線)の散策記などを多数発表してきた。著書に『鉄道計画は変わる。』(交通新聞社)など。趣味はアサガオ、ゴーヤの栽培。

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. それよりも、いい加減に渋谷駅の改良を決断したらどうですか?
    あそこが折返し機能付きの2面4線になれば、運用効率が大幅に向上するし駅の混雑も大幅に解消しますよ。

  2. 渋谷駅をいい加減に島式2面4線にした方が混雑が解決する。
    田園都市線は混雑酷いのに島式1面2線は東急の設計ミスだと思うし、殆どが半蔵門線直通の影響で座れる機会がないからな。
    東横線などは良いけど、田園都市線は悪い例だと思う。

    • >田園都市線は混雑酷いのに
      >島式1面2線は
      >東急の設計ミスだと思うし、

      アレは
      東急さん側の設計なのですか。

      ホーム建設は東京メトロさん
      の前身である帝都高速度交通
      営団さん側の担当らしいです。

    • 座る機会がないって、中間駅だから当たり前でしょーが。田園都市線渋谷駅を始発駅と思うのがおかしい。最初っから半蔵門線と一体で(東京11号線)造られてんだから。

  3. >スローガンは
    >「Make the Sustainable
    > Growth」
    >(持続的な
    >成長を目指して)で、

    >サステナブル
    >(持続可能)な「街づくり」
    >「企業づくり」「人づくり」
    >を基本方針
    >として掲げました。

    そんな舌を噛みそうな
    スローガン

    いったい乗客さん達に対し
    何の利点があるのですか?

    説明を入れないと一般市民
    に理解できないほど難解な
    キレイゴトを並べていらっ
    しゃる余裕がお在りならば、
    田園都市線渋谷駅のホーム
    増設でもなさって下さい!