三菱自は4年間でなにをなした? 新車「エクリプスクロス」発売前に業績回復の背景

三菱自動車の「エクリプスクロス」は、4年ぶりに日本市場へ投入される新車です。ところが新車投入に先駆け、同社は業績を如実に伸ばしていました。その背景にはなにがあるのでしょうか。

4年も新車がないことはなにを意味する?

 三菱自動車から新型車「エクリプスクロス」が、2018年3月1日より発売されました。その前の三菱自動車の日本における新型車は、2014年2月の「eKスペース」ですから、なんと4年ぶりの新車です。

Large 180330 mitsubishi 01
2018年3月1日発売、日本市場では実に4年ぶりとなる三菱自動車の新型車「エクリプスクロス」(鈴木ケンイチ撮影)。

 少し前までは、「クルマは4年ごとに新型車にフルモデルチェンジする」というのが一般的。最近になってモデルチェンジのサイクルは長くなっていますが、それにしても4年も新型車がないとは、日本メーカーとして尋常ではありません。それだけ2016年に発覚した燃費不正問題が、三菱自動車に大きな痛手を与えたと言えるでしょう。

 では、新型車のなかった4年間のあいだ、三菱自動車は何をしていたのでしょうか。クルマは、発表直後が一番に売れ、その後、徐々に売れなくなってゆく商品です。4年も新型車がないということは、売っている商品はどんどん古くなる一方。販売の現場は、相当に苦しいのではないかと想像するのが普通のところ。

 ところが、本当のことを言えば、三菱自動車の業績は2017年からV字回復していたのです。2018年ではありません。新型車「エクリプスクロス」を投入する前の2017年から、三菱自動車の業績は回復基調にあるのです。

三菱 パジェロミニの中古車情報

U00025226431 001l

排気量
650cc~660cc
価格帯
1円~139.8万円

中古車情報を見る

三菱 eKスペースの中古車情報

U00025132324 001l

排気量
659cc~660cc
価格帯
43.5万円~178.0万円

中古車情報を見る

三菱 eKワゴンの中古車情報

Uz0025227065 001l

排気量
650cc~660cc
価格帯
1円~129.0万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180330 mitsubishi 06
  • Thumbnail 180330 mitsubishi 01
  • Thumbnail 180330 mitsubishi 02
  • Thumbnail 180330 mitsubishi 03
  • Thumbnail 180330 mitsubishi 04
  • Thumbnail 180330 mitsubishi 05

関連記事

最新記事

コメント

Leave a Reply to sumicou Cancel reply

2件のコメント

  1. このままだと、日産と同じ道を歩むのかもしれません?正直パジェロスポーツとかは日本市場でもウケそうな高級SUV商品なのに導入はされず、国内ディーラーはもはや干上がってる状態。小型セダンも商用1BOXも無く、軽自動車とOEM車とSUVしかない地元の三菱ディーラーのショールームも相変らず寂しいままなのだが、スズキ販売店を別部門で設けているお陰か?スズキ車もショールームに展示されているのだが、それが売れているおかげで糊口をふさいでいるのだろう?かつてはギャラン・ランサー・ミニカなど定番商品で溢れていたが、いまはそれすらない・・まずは国内に向けて新車種の導入考えてほしいし、親会社の日産車のOEMを導入増やすべきかもしれない。

  2. >販売の現場は、相当に苦しいのではないかと想像するのが普通のところ。
    販売店の話を振ったのかと思ったらその後5000台の予約で一瞬出てきたくらいだったでござる