ホンダ「インテグラ」(2代目) 陛下もご愛用、「カッコインテグラ」のその中身は?

天皇陛下のご愛用車として知られるホンダの2代目「インテグラ」、発売当時を知る人は「カッコインテグラ」のフレーズでも覚えていることでしょう。格好だけではなく、実はその中身が相当に画期的なクルマでした。

画期的すぎる「VTEC」をごく簡単にいうと…?

 1989(平成元)年に発売された2代目「インテグラ」は、それまでの「クイント・インテグラ」から車名が「インテグラ」に変わり、よりスポーティでスタイリッシュなデザインになりました。そして何より話題になったのは、当時新開発だったDOHC「VTEC」エンジン搭載第1号になったことです。

Large 180327 integra 01
1989年4月19日発売、ホンダ「インテグラ 3ドア・クーペ XSi」(画像:ホンダ)。

「VTEC(Variable Valve Timing & Lift Electronic Control System)」とは、可変バルブタイミング・リフト機構のこと。運転条件によって、エンジンのバルブタイミング(開閉時期)とバルブリフト量(開く高さ)を自動的に切り替えるというものです。

 これにより、低・中速性能のトルク性能を犠牲にしないまま、高回転、高出力が引き出せるように。どっちにも強い、画期的なエンジンの誕生となったのです。NA(自然吸気)エンジンでリッター(排気量)あたり100馬力を初めて実現し、気持ちいい走りでユーザーを魅了しました。

テーマ特集「【自動車】シルビア、プレリュード、セラ… 今も色褪せない旧車の魅力とは」へ

ホンダ インテグラタイプRの中古車情報

Uj0025508370 001l

排気量
1790cc~2000cc
価格帯
49.0万円~269.8万円

中古車情報を見る

ホンダ シビックの中古車情報

Uj0025507962 001l

排気量
1200cc~2000cc
価格帯
6.5万円~479.8万円

中古車情報を見る

ホンダ ヴェゼルの中古車情報

Uz0025515276 001l

排気量
1500cc
価格帯
129.9万円~362.0万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180327 integra 04
  • Thumbnail 180327 integra 01
  • Thumbnail 180327 integra 02
  • Thumbnail 180327 integra 03

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 本当はもっと凄い物作り日本