中古車は出自で差があるか 展示車、試乗車、レンタカーそれぞれの特徴やメリット

【図】中古「フィット」の元試乗車、元展示車、元レンタカー価格比較

Large 180427 ucar3type 02
条件の近い2017年式ホンダ「フィット」で比較した、元試乗車、元展示車、元レンタカーの中古価格と走行距離(2018年4月27日時点、乗りものニュース中古車検索より抜粋)。

この画像の記事を読む

テーマ特集「【自動車】意外と知らない! 明日使える自動車トリビア」へ

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

コメント

2件のコメント

  1.  元試乗車を買ったけど、まあ、車検期間が短い(試乗用に使い始めたときから車検期間が始まってる)以外はデメリット無。むしろ、ディーラーの整備工場で丁寧に調整してもらってあるので、安心感がある。工場オプションとかは選べないけど、ディーラーの中古車部門で買えば、ディーラーオプションは後付けできる。相場的には普通の中古車と変わらないから、絶対お得ですね。ただ、あんまり玉数はないので、色とか装備とか気にする人は新車買った方が良い。

  2. 私は販売店持ち分の完成検査切れスレスレの車を買いました。
    要は製造されてから約9ヶ月経過した単に登録上で新車なだけの車
    こう言う引き当て先に迷うような不人気車の不人気色ならメーカーが直接譲渡してくれりゃ自分で書類揃えて登録するんですけどね
    どんだけ展示車や未使用が安いとは言え所詮は単なる手数料をふっかけた中古ですからね