中古車は出自で差があるか 展示車、試乗車、レンタカーそれぞれの特徴やメリット

元ディーラーの「展示車」、「試乗車」、あるいは「レンタカー」。そうした履歴をもつクルマを中古車として買うのはお得になるのでしょうか。それぞれどのような特徴の違いがあるのでしょうか。

状態と価格、ふたつのメリットがある元「試乗車」

 中古車市場には通常の中古車のほかにも、もともとディーラーで「試乗車」として使われていたクルマ、ディーラーのショールームなどで「展示車」として置かれていたクルマ、あるいは「レンタカー」として走っていたクルマなどが存在します。

Large 180427 ucar3type 01
中古車販売店のイメージ(画像:PIXTA)。

 いずれも比較的年式が新しいという共通点がありますが、それぞれどのような特徴や傾向があるでしょうか。関東、北陸、東北の各地方で23の中古車販売店を展開する、ケーユー(東京都町田市)に聞きました。

――元試乗車はどのような特徴があるのでしょうか?

 市場に出回るものは、新車登録から1年以内、走行距離5000km未満の車両がほとんどで、車検期間やメーカー保証も何年か残っています。ディーラーは顧客に良い印象を持ってもらえるように努力しますから、試乗車は「禁煙」で使用し、外装、内装ともにきれいにしていたものが多いはずです。

――元展示車の場合は、ほぼ新車に近い状態のクルマが多いのでしょうか?

 ディーラーで展示車として用いられていたクルマは、それなりの装備やオプションをつけているものが多いと思われます。ほとんど走行していないため、元試乗車よりは高い価格になるでしょう。
 
 また、中古車販売業者が扱うものはディーラーで一度登録され、その後オークションに出品されたもの、あるいは何らかのルートでディーラーから直接仕入れた「登録済未使用車」として販売されるケースが多いため、あくまで新車ではなく、車検期間も新車よりは短くなります。

テーマ特集「【自動車】意外と知らない! 明日使える自動車トリビア」へ

トヨタ アルファードの中古車情報

U00023522509 003l

排気量
2360cc~3500cc
価格帯
5.0万円~1280.0万円

中古車情報を見る

トヨタ プリウスの中古車情報

U00023667735 001l

排気量
1490cc~1800cc
価格帯
8.9万円~398.0万円

中古車情報を見る

スズキ ワゴンRの中古車情報

U00024092975 001l

排気量
600cc~660cc
価格帯
120円~195.0万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180427 ucar3type 02
  • Thumbnail 180427 ucar3type 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1.  元試乗車を買ったけど、まあ、車検期間が短い(試乗用に使い始めたときから車検期間が始まってる)以外はデメリット無。むしろ、ディーラーの整備工場で丁寧に調整してもらってあるので、安心感がある。工場オプションとかは選べないけど、ディーラーの中古車部門で買えば、ディーラーオプションは後付けできる。相場的には普通の中古車と変わらないから、絶対お得ですね。ただ、あんまり玉数はないので、色とか装備とか気にする人は新車買った方が良い。

  2. 私は販売店持ち分の完成検査切れスレスレの車を買いました。
    要は製造されてから約9ヶ月経過した単に登録上で新車なだけの車
    こう言う引き当て先に迷うような不人気車の不人気色ならメーカーが直接譲渡してくれりゃ自分で書類揃えて登録するんですけどね
    どんだけ展示車や未使用が安いとは言え所詮は単なる手数料をふっかけた中古ですからね