「乗車券交流」しなの鉄道と台鉄が開始 使用済みきっぷを相互に無償交換

しなの鉄道が台湾鉄路管理局と「乗車券交流」を開始。対象の使用済みきっぷを駅窓口に持参すると、相手の鉄道のきっぷと交換できます。

台鉄きっぷを、しな鉄の乗り放題きっぷに交換

 長野県内を走る第三セクター鉄道、しなの鉄道が、台湾鉄路管理局(台鉄)と、使用済み乗車券を相互に無償で交換する「乗車券交流」を開始しました。

Large 180511 shinatetsutaiwan 01
しなの鉄道のイメージ(画像:台湾鉄路管理局)。

 しなの鉄道と台鉄は2018年3月、友好協定を締結。また、双方で同じ名前の「田中駅」があることから「姉妹駅協定」も締結しました。2018年5月7日(月)から開始した乗車券交流は、これら協定締結を契機とした交流事業の一環です。

 しなの鉄道では、次の台鉄の使用済み乗車券を駅窓口に持参すると、しなの鉄道線の軽井沢~屋代間が2日間乗り放題になる「SHINANO RAILWAY BANZAI 2-DAY PASS」(大人1000円)に無料で交換します。

●交換対象のきっぷ
・「集集線一日週遊券」
・花蓮駅が発駅または着駅の乗車券
・花蓮駅のスタンプが押された乗車券
●交換受け付け駅
 軽井沢、中軽井沢、御代田、小諸、滋野、田中、大屋、信濃国分寺、上田、西上田、テクノさかき、坂城、戸倉、千曲、屋代
●対象者
 国籍問わず誰でも

 花蓮駅が対象なのは、2018年2月に発生した台湾東部地震(花蓮地震)の被災地への、観光振興による支援が目的です。

 台鉄では、次のしなの鉄道の使用済み乗車券を持参すると、「集集線一日週遊券」「平渓/深澳雙支線一日週遊券」「内灣線一日週遊券」のいずれか1種類に無償で交換します。

●交換対象のきっぷ
・「SHINANO RAILWAY BANZAI 2-DAY PASS」
・「軽井沢・長野フリーきっぷ」(しなの鉄道発行のものに限る)
●交換受け付け駅
 台北、新竹、二水
●対象者
 日本人

 いずれも交換は、1人1回につき1枚限り。実施期間は2019年3月31日(日)までです。しなの鉄道は「本事業を通じて、日本と台湾双方の観光交流を促進すると共に、観光客誘致により沿線地域の発展に寄与することを目指します」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180511 shinatetsutaiwan 02
  • Thumbnail 180511 shinatetsutaiwan 03
  • Thumbnail 180511 shinatetsutaiwan 04
  • Thumbnail 180511 shinatetsutaiwan 01

関連記事

最新記事

コメント