ANAのA380型機 尾翼にANAのロゴ エンジン取り付けへ

フランスの工場で行われていた、ANAのA380型機初号機の最終組み立てが完了。エンジン取り付けなどの装備のために、別工場へと出発しました。尾翼にはANAのロゴが入っています。

コックピット装備などに、別工場へ移動

 エアバスは2018年5月25日(金)、ANA(全日空)のA380型機初号機が最終組み立て工場から構造部などの装備のため、別工場へ出発したと発表しました。

Large 190525 a380ana 01
トゥールーズ(フランス)の最終組み立て工場を出るANAのA380型機(画像:エアバス)。

 A380の6つの大型部品、前部胴体、中央胴体、後部胴体、尾翼、左右の主翼の6点は、3月にトゥールーズ(フランス)の工場に運ばれ、4月より最終組み立てが行われていました。それらの組み立てが完了し、尾翼にANAのロゴが入った同機は、これから別の作業場に移動。構造部の装備を完成させ、エンジンの取り付け、コックピット装備を行うとのことです。

 A380は総2階建てのワイドボディ機です。ANAの初号機の客室は、ファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー73席、エコノミークラス383席を装備するとしています。また、エコノミークラスの60席にカウチシートが導入され、東京〜ホノルル線に投入される予定です。ハワイで幸福や繁栄の象徴とされているウミガメの親子を描いた特別塗装が施され、「空飛ぶウミガメ」という意味を持つ「FLYING HONU」の愛称で運航されます。

 ANAは2016年にA380を日系キャリアで初めて発注しました。同機は2018年5月現在、世界中の13社によって、60都市へ226機が就航しているとのことです。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190525 a380ana 02
  • Thumbnail 190525 a380ana 03
  • Thumbnail 190525 a380ana 01

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 羽田伊丹便に入れて欲しいな。絶対に無理だけど。

    • 双方の空港が4発機の運用を許可しているとの前提だけど、北海道新幹線対策も兼ねて羽田~札幌間の方がいいかも。伊丹空港は現在では双発機の運用を禁止しているとどこかで読んだ記憶があります。ジャンボのラストフライトの際は特別に許可した筈です。

  2. 伊丹空港にも来てほしいですね。ただ制限があるから、おそらく無理でしょう。

  3. A380を日系キャリアで初めて“発注”したのはスカイマークだと思ってたよ。