6月10日は「ドリーム号の日」、西日本JRバスが制定 発足30周年記念バス運行も

西日本ジェイアールバスとジェイアールバス関東が、6月10日を「ドリーム号の日」として制定。日本記念日協会を通じて記念日登録証が授与されます。

1969年6月10日に「ドリーム号」運行開始

 西日本ジェイアールバスは2018年6月4日(月)、夜行高速バス「ドリーム号」が運行を開始した6月10日を「ドリーム号の日」として、ジェイアールバス関東と共同で制定すると発表しました。

Large 180604 wjrbus30 01

拡大画像

夜行高速バス「ドリーム号」歴代車両のイメージ(画像:西日本ジェイアールバス)。

「ドリーム号」は1969(昭和44)年6月10日、日本初の夜行高速バスとして東京~大阪間に登場。運行開始49周年を迎える2018年6月10日(日)には、日本記念日協会を通じて「ドリーム号の日」記念日登録証が授与されます。

 また、西日本ジェイアールバスは、同社発足30周年記念キャンペーンの一環としてラッピング車両を運行する予定です。

「グランドリーム」車両にアンバサダーの横山由依さん(AKB48)や、公式マスコットキャラクター「にしばくん。」をデザイン。6月10日(日)から2019年3月31日(日)までの期間、東京~京阪神線の「グラン昼特急号」や「グランドリーム号」に使用されます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180604 wjrbus30 02  1
  • Thumbnail 180604 wjrbus30 03  2
  • Thumbnail 180604 wjrbus30 04
  • Thumbnail 180604 wjrbus30 01

関連記事

最新記事

コメント