ATR72-600日本で初就航 JACが発注変更 提供座席数が増加

JACは発注しているATR42-600型機のうち1機をATR72-600に変更すると発表。日本で初導入の飛行機となり、より効率的な運用が実現できるとしています。

両モデルの共通性を活かしてより効率的な運用を実現

 JAC(日本エアコミューター)が2018年6月5日(火)、9機確定発注したATR42-600のうち1機をATR72-600に発注変更すると発表しました。これにより、日本に初めてATR72が納入されることになります。

Large 180608 jacatr 01
JACが発注変更して新たに導入するATR72-600(写真:ATR)。

 発注済みATR42-600は、2018年6月現在、ATR社よりJACに4機納入されています。今回変更して発注されたATR72-600は2018年末までにJACに引き渡される予定です。

 また、導入が決まったATR72-600は座席数70席を予定。同社のATR42-600の標準座席数が48席のため、提供総座席数が増えます。離島への路線も多い同社にとって、小さい飛行場や短い滑走路でも運航可能な性能を備えたATR機は最適な機体といいます。

 JACの加藤洋樹代表取締役社長は次のように述べています。

「現在発注している機体のうちの1機をATR72-600へ発注変更することで、両モデルの共通性を活かしながら、1座席あたりの運航コストを削減することが可能となり、特に観光やビジネスのお客様の多い路線においてより効率的な運用が実現できることで、就航地域社会に貢献できると確信しております」

 JACが保有するサーブ340BとボンバルディアDHC8-Q400は2019年末までに退役予定であるため、今後、同社の保有機材はすべてATR機となる見込みです。

【了】

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180608 jacatr 02
  • Thumbnail 180608 jacatr 03
  • Thumbnail 180608 jacatr 04
  • Thumbnail 180608 jacatr 01

最新記事

コメント