ピーチ、エアバスA321LRを2機購入 中距離アジア路線に導入へ

LCCのピーチが中距離用の機材としてエアバスA321LRを2機購入。2020年度の納入後、日本~北東アジア路線に導入される計画です。

単通路型機として世界最長の最大航続距離

 LCCのピーチは2018年7月18日(水)、イギリスで開催中の「ファンボロー国際航空ショー」において、エアバス社(フランス)から中距離LCC事業用の機材としてA321LRを2機導入すると発表しました。

Large 180718 peacha321lr 01

拡大画像

ピーチが中距離LCC事業用機材として導入する予定のエアバスA321LRのイメージ(画像:ピーチ)。

 2016年11月にピーチが発注したA320neo10機のうち2機をA321LRに切り替えます。納入は初号機が2020年度第3四半期、2号機が同年度内の予定。同機材を導入するのは、アジアの航空会社では初めてです。

 A321LRはA320ファミリーの最新派生型で、同ファミリーのA321neoをベースに開発されたモデルです。単通路型機としては、世界最長の最大航続距離7400km(4000海里)を実現。最大9時間の飛行が可能になり、日本からアジア全域をカバーできるといいます。

 今後ピーチはバニラエアを統合し、2020年度以降にA321LRを含む保有機数を50機以上、就航路線数を50路線以上へと事業規模を拡大する方針です。代表取締役CEOの井上慎一さんは「Peachの次なるチャレンジは中距離LCC事業への進出で、2020年度よりPeachが日本と北東アジアの中距離LCCの歴史を築いてまいります。2020年度のA321LR導入は、その歴史を築くための第一歩です」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180718 peacha321lr 02
  • Thumbnail 180718 peacha321lr 01

関連記事

最新記事

コメント