JR九州、中国アリババと戦略的提携 送客100万人、経済効果1500億円以上へ

JR九州と、世界最大の流通総額を持つオンラインモバイルコマースカンパニーの中国・アリババグループが戦略的提携を発表。九州を『キャッシュレス観光アイランド』とし、中国からの訪問者100万人を目指します。

九州を『キャッシュレス観光アイランド』に

 JR九州と、世界最大の流通総額を持つオンラインモバイルコマースカンパニーの中国・アリババグループ(阿里巴巴集団)が2018年7月23日(月)、戦略的提携を発表。2023年度に、中国から九州へ100万人(うち、アリババグループから50万人)の送客実現を目標とすることが明らかにされました。

Large 180723 kyushu 01

拡大画像

発表会では、JR九州の唐池会長(右)から「九州の鍵」がアリババの香山社長に贈られた(2018年7月23日、恵 知仁撮影)。

「中国は1億3000万人という、世界トップの観光客送り出し国になっていますが、日本へはそのうちの6%程度です。フィンランドはいま、中国人であふれています。キャンペーンでこれを作り出したのがアリババグループです。南極でもそうしたキャンペーンが展開され、次は九州でやりましょうとアリババの香山社長から提案を受け、実施することになりました」(JR九州 唐池恒二会長)

「なぜ九州なのかというと『東京都を上回る宿泊規模』があります。2017年における九州7県の日本人宿泊数の合計は、東京都が3908万人泊なのに対し、九州7県は4802万人泊です。中国と変わらないような利便性を提供することで九州を『キャッシュレス観光アイランド』にしていき、九州の活性化に貢献したいと考えています」(アリババ 香山 誠社長)

 1日平均で1000万人以上が訪問するアリババグループの中国人向け旅行商品専門の販売プラットフォーム「フリギー(Fliggy)」で、九州の魅力的な観光地や温泉、食、文化を集中的に紹介。そうして効果的に誘客するとともに、中国で6億人以上が日常的に利用する同グループのモバイルおよびオンライン決済プラットフォーム「アリペイ(Alipay)」の利用環境を九州に整備。中国からのさらなる集客と、中国人インバウンド客の九州域内における消費拡大を通じて、九州地域経済の活性化に貢献するとしています。また九州では、比較的若い層の集客を考えているそうです。

この記事の画像をもっと見る(10枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail  r4a4687
  • Thumbnail  r4a4691
  • Thumbnail  r4a4693
  • Thumbnail  r4a4695
  • Thumbnail  r4a4697
  • Thumbnail  r4a4701
  • Thumbnail  r4a4791
  • Thumbnail  r4a4795
  • Thumbnail 180723 kyushu 01
  • Thumbnail 180723 kyushu 02

関連記事

最新記事

コメント