なぜ空港でスーツケースが捨てられるのか 対応に苦慮する関空、無料引き取りサービス開始

関西空港のターミナル内でスーツケースが捨てられる事例が増加しています。このような「落とし物」は保安上も問題があることから、関空ではこれを無料で引き取るサービスを始めました。そもそも、なぜスーツケースが捨てられるのでしょうか。

客が自らの意思で放棄してくれれば…

 関西空港で2018年8月6日(月)から、空港利用者のスーツケースを無料で引き取るサービスが始まりました。

Large 180808 suitcase 01
関空でスーツケースが放置される事例が増えている。写真はイメージ(画像:Brian Jackson/123RF)。

 空港を運営する関西エアポートによると、第1ターミナルの国際線出発フロア(4階)の手荷物一時預かりカウンターでスーツケースを引き取り、集められたスーツケースは検品したうえで再利用するといいます。空港内で放置されるスーツケースは増加傾向にあり、空港の警備・保安面や、資源を有効活用する観点から、このサービスの導入を決定したとのこと。関西エアポートに詳しく話を聞きました。

――どれくらいの数のスーツケースが捨てられているのでしょうか?

 件数は年々増えていて、1日平均でも1、2個見つかります。放置されたスーツケースは危険物の可能性もゼロではないため、見つけたときは保安検査をしたうえで遺失物として処理しています。お客様がご自身の意思で放棄していただければ、保安上の懸念や手間が抑えられることから引き取りサービスを始めました。

――なぜ捨てられるのでしょうか?

 カウンターに預ける前に荷物を整理し、新しいスーツケースへ詰め替えることで、受託手荷物の超過料金を抑える目的が多いと考えています(編集部注:受託手荷物は重量やサイズのほか、個数に応じても超過料金が発生することがある)。空港内のカバン店でも古いスーツケースの引き取りを行ってはいるのですが、放置されたスーツケースが見つかるのは、出発フロアやそのゴミ箱の脇など、店とは関係のない場所が多いです。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180818 suitcase 03
  • Thumbnail 180808 suitcase 01
  • Thumbnail 180808 suitcase 02

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 放置されたスーツケースが散見していれば、それを悪用する輩も出てくるわけだし、危険物ではないかをチェックする時間も人数も取られる。それならちゃんとした引取サービスを作ることで中のチェックもできるし、処分するにも効率が良くなるということか。

  2. 無料か、そろそろこんな法で車両をかすめるようなこんなリヤカー風情にもリサイクル券の発行が必要かもね
    先日も駅で膝にリヤカーの角をヒットされて警察に御足労願おうとしたら謝罪してくれましたが
    もはやリヤカーの所有権放棄の問題では済まされぬとこまできてますよね

  3. 空港にスーツケースを買取ってくる店を置いてみては?