「幻の豪華客車」元に生まれたJR九州「或る列車」が3周年! 「ななつ星」と並ぶ(写真19枚)

JR九州の観光列車「或る列車」の3周年を記念し、大分駅で車内見学会が実施されました。ふだんは乗車できない小さな子どもたちが大勢、車内を楽しんだほか、「ななつ星in九州」とも並び、JR九州が誇る豪華列車の共演が実現しています。

明治時代の「幻の豪華客車」をイメージ

 JR九州が大分駅で2018年8月8日(水)、この日に運行開始から3周年を迎えた「JR KYUSHU SWEET TRAIN『或る列車』」の3周年記念イベントを開催。大分駅では初めてとなる車内見学会が行われ、300名の家族連れが車両の内装や雰囲気を楽しみました。

Large 180808 aru 01

拡大画像

大分駅で開催された「或る列車」車内見学会(2018年8月8日、皆越和也撮影)。

「或る列車(あるれっしゃ)」は、明治時代に当時の九州鉄道が発注した幻の豪華客車「或る列車」を元に、水戸岡鋭治さんがデザイン・設計したJR九州のD&S列車(観光列車)。ラグジュアリーな車内で、東京・南青山のレストラン「NARISAWA」オーナーシェフ成澤由浩さんがプロデュースする、九州の旬の食材を使ったスイーツのコースを味わえます。

Large 180808 aru 02 Large 180808 aru 03 Large 180808 aru 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

「或る列車」にはこれまで3万人以上が乗車。
細かい造形が特徴の「或る列車」車内。
大分駅の下村駅長と「或る列車」。

 今回の車内見学会について、「デビューから3年となり、日頃よりお見送りやお出迎えなどでご協力いただいている沿線のみなさまへの感謝の気持ちを込めて行いました。また夏休みということもあり、お子さまにも参加いただけるようにしました」と、下村直己大分駅長は話します。

この記事の画像をもっと見る(19枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail img 2380
  • Thumbnail img 2381
  • Thumbnail img 2384
  • Thumbnail img 2409
  • Thumbnail img 2456
  • Thumbnail img 2475
  • Thumbnail img 2476
  • Thumbnail img 2484
  • Thumbnail img 2511
  • Thumbnail img 2548
  • Thumbnail img 2549
  • Thumbnail 180808 aru 01
  • Thumbnail 180808 aru 02
  • Thumbnail 180808 aru 03
  • Thumbnail 180808 aru 04
  • Thumbnail 180808 aru 05
  • Thumbnail 180808 aru 06
  • Thumbnail 180808 aru 07
  • Thumbnail 180808 aru 08

関連記事

最新記事

コメント