JALハワイ線の新機内食を実食! 二つ星店シェフ監修 ハワイ線ならではの配慮も

JALの成田発ハワイ線プレミアムエコノミー、エコノミークラスに、ミシュラン二つ星店のグランシェフ、生江史伸さん監修の新機内食が登場。試食したところ、ハワイ線ならではの配慮がありました。

日本を夜に出て、朝・午前に到着する路線

 JAL(日本航空)が2018年8月21日(火)、成田発ハワイ線(ホノルル、コナ)プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスの新たな機内食(1食目)について、マスコミ向けの発表会、試食会を実施しました。

Large 180821 jalhawaii 01

拡大画像

生江シェフが監修する成田発ハワイ線プレミアムエコノミー、エコノミーの新機内食(2018年8月21日、恵 知仁撮影)。

「ミシュラン二つ星」の味

 2018年9月1日(土)から提供されるその新機内食は、『ミシュランガイド東京2018』で「二つ星店」として掲載されている、東京・西麻布のレストラン「レフェルヴェソンス」のグランシェフ、生江史伸(なまえしのぶ)さんが監修。「機内における豊かなひととき」をテーマに、生江シェフのコンセプトでもある「お客さまに美味しい料理で元気になっていただきたい」という思いを込めてつくりあげたという、JALハワイ線だけのオリジナルメニューです。

「ハワイ線は夜の路線とのことで、夜中に食べても身体に負担がかからないよう、美味しさとともに、健康に配慮したメニューにしています」(生江史伸さん)

 生江さんはレストランでも同様に、健康に配慮した考えかたでやっているそうで、今回の機内食は、消化のよさにも気を配っているとのこと。

 なおJAL運航のハワイ線は、日本を夜遅めに出て、ハワイへ朝、午前中に到着。そのまま遊びに行けるようなダイヤになっています。

この記事の画像をもっと見る(8枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント