急行「飯田線秘境駅号」「中山道トレイン」秋の観光シーズンに運転 JR東海

JR東海が秋の観光シーズンにあわせて急行「飯田線秘境駅号」と急行「中山道トレイン」を運転します。

「飯田線秘境駅号」は秘境駅に最大20分停車

 JR東海は2018年8月29日(水)、観光列車の急行「飯田線秘境駅号」と急行「中山道トレイン」を10月から11月にかけて運転すると発表しました。

Large 180829 jrcakikankou 01
急行「中山道トレイン」に使われる383系特急形電車のイメージ(画像:JR東海)。

 急行「飯田線秘境駅号」は、10月20日(土)、21日(日)、11月17日(土)、18日(日)、23日(金・祝)、24日(土)に、飯田線の豊橋~飯田間で各日1往復が運転されます。車両は373系特急形電車(3両)です。

「秘境駅」とは、周りに人家や人の気配がなく鉄道以外の手段では到達が難しいといわれる駅のことで、急行「飯田線秘境駅号」は主要駅などのほか、秘境駅として知られる小和田、中井侍、伊那小沢、為栗(してぐり)、田本、金野、千代駅に最大20分停車します。

 この列車は旅行商品専用です。駅窓口などでのきっぷの販売はなく、JR東海ツアーズなどが発売する旅行商品の購入が必要です。

 急行「中山道トレイン」は、11月3日(土・祝)、4日(日)、10日(土)、11日(日)に、中央本線の名古屋~奈良井間で各日1往復が運転されます。

 車両は383系特急形電車(4両)を使用。全車指定席のため、乗車には乗車券のほか急行券と指定席券が必要です。きっぷは、乗車1か月前の午前10時から、駅にある「みどりの窓口」などで発売されます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント