「リバティ」が初めて夜行に 「尾瀬夜行23:55」500系で運転 東武

東武鉄道が、500系特急形電車「リバティ」で臨時夜行列車「尾瀬夜行23:55」を運転します。「リバティ」は2017年4月デビュー。「尾瀬夜行23:55」に使われるのは今回が初めてです。

夜行列車と専用バスで、早朝から尾瀬を満喫

 東武鉄道と東武トップツアーズは2018年4月25日(水)、尾瀬のハイキングに便利な臨時夜行列車「尾瀬夜行23:55」を、500系特急形電車「リバティ」(3両)で運行すると発表しました。

Large 180426 tobuozeyako 01
500系特急形電車「リバティ」は2017年4月デビュー。3両単位で編成を分割したりつなげたりして柔軟に運転できるのが特徴(画像:東武鉄道)。

「尾瀬夜行23:55」は浅草(東京都台東区)を23時55分に出発。途中、北千住、新越谷、春日部でも利用者を乗せて、会津高原尾瀬口には3時18分に到着します。ここから専用の連絡バスに乗り換えて、尾瀬の東の入口である沼山峠には6時10分に到着。早朝から尾瀬をゆったりと散策できます。連絡バスは途中、桧枝岐村内(駒ケ岳登山口など)、尾瀬御池での降車も可能です。

 これまで「尾瀬夜行23:55」には300系電車などが使われてきましたが、2017年4月に営業運転を開始した「リバティ」が、今回初めて「尾瀬夜行23:55」にも使われます。車内は無料公衆無線LANサービスを導入。各座席には電源コンセントも設けられています。

 運転日は次のとおりです(計27本、定員各151人)。

・6月:1日(金)、8日(金)、9日(土)、15日(金)、29日(金)
・7月:6日(金)、13日(金)、14日(土)、20日(金)、21日(土)、27日(金)、28日(土)
・8月:3日(金)、10日(金)、11日(土)、17日(金)、24日(金)、31日(金)
・9月:7日(金)、14日(金)、15日(土)、21日(金)、22日(土)、28日(金)
・10月:5日(金)、6日(土)、12日(金)

「尾瀬夜行23:55」は東武トップツアーズの旅行商品専用の列車です。プランのひとつ「往復電車プラン」は、浅草発着の場合、大人1万1300円、子ども5800円。帰りのルートは行きと同じで、バス、列車(特急可)は任意で選べます。

 旅行商品は東武トップツアーズ各支店で、1か月前から運転日当日17時まで発売。なお、前売り開始は5月11日(金)からです。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180426 tobuozeyako 02
  • Thumbnail 180426 tobuozeyako 01

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 寄る年波に勝てず、か
    300系・350系は活躍の場を少しずつ失ってゆくようだな

    • 逆だ。両形式が今日まで生き残っていたのが奇跡と言うべきだ。
      日光線・宇都宮線向け急行用に1800系から改造されて既に四半世紀以上経っている。

      それにしても、90年代のように「南会津」「ゆのさと」が各2往復ずつにビジネスライナー(定期券乗車可の意。当時、特急・一部を除いた急行は定期券乗車不可。)を名乗っていた「しもつけ」がやはり2往復運行していた時代がウソのようだ。
      臨時「きりふり」も、もう少し運行日数が多かったように思える。

  2. 東武500系になって、車内環境は良くなったので、ツアー客には喜ばれそう。