JR青梅線の愛称「東京アドベンチャーライン」に 自然楽しむ路線をPR

JR東日本八王子支社が、青梅線・青梅~奥多摩間の新愛称を発表。自然のなかでアウトドアやアクティビティを楽しむ路線としてPRしていくといいます。

愛称は青梅~奥多摩間に設定

 JR東日本八王子支社は2018年9月14日(金)、東京西部を走る青梅線の青梅~奥多摩間について、愛称を「東京アドベンチャーライン」と決定し、アウトドアやアクティビティを楽しむ路線としてPRを開始すると発表しました。

Large 180914 jreomeadventure 01
愛称「東京アドベンチャーライン」のロゴ。JR青梅線の青梅~奥多摩間に設定される(画像:JR東日本八王子支社)。

 愛称について同支社は「駅を降りてすぐに本格的な自然やアウトドアを楽しめる青梅線の魅力を『アドベンチャー』というワクワクする言葉で表現し、さらに『東京』を組み合わせることで東京都の一部である身近さ、アクセスの良さを強調しています」と紹介。青梅線の青梅~奥多摩間は「新宿から奥多摩まで快速で90分、首都圏でありながら、気軽に自然の中で、アウトドア・アクティビティを楽しむことができ、どなたでも冒険に踏み出せるエリアです」としています。

 ロゴは青梅線に縁のあるクリエイターから募集し、地域の人とJR東日本八王子支社の投票により、青梅市在住の沼倉智弓さんの作品に決定。10月13日(土)からこのロゴのヘッドマークを取り付けたE233系電車が、立川~青梅~奥多摩間を走ります。

 御嶽駅(東京都青梅市)と奥多摩駅(同・奥多摩町)では、多摩産の木材を使用して駅舎をリニューアル。御嶽駅ではレンタサイクルや待合室が、奥多摩駅は待合室のほか靴洗い場や更衣室、カフェなどがそれぞれオープンする計画です。

 このほかにも、ラフティングやハイキングといったアクティビティを盛り込んだ日帰りツアーの開催や、第80回奥多摩渓谷駅伝競走大会(12月2日開催)への協賛などの取り組みも予定されています。

※誤字を修正しました(9月14日20時10分)。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180914 jreomeadventure 02
  • Thumbnail 180914 jreomeadventure 01

関連記事

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 昔キハで八王子から高崎まで直通できた八高線をどれだけ誇りに思ったことか
    在っても無くてもどうでもいい目蒲線とかギャグがあったけど青梅線も土地に溶け込んだ良い呼び名だと思うけど時代の流なんですかね

  2. なんか、ネーミングセンスが今ひとつ。
    アーバンパークラインや上野東京ラインとか付け方がなんで酷いんだろう。
    上野東京ラインは東京周り、湘南新宿ラインは新宿周り、アーバンパークライン は野田線で読んだ方が良いと思います。
    寧ろ、成田線我孫子支線を我孫子線に変えた方が良いと思うな。

    • 東武スカイツリーラインに東武アーバンパークライン。
      多々マイナス批判が多い実情なのに、JRまでがE電につづいて東京アドベンチャーラインとは・・・
      センスが無いと言うよりも、現役世代の質自体がかわってしまったのでしょうか?
      当事者はセンスが悪い・今ひとつとは思っていないんですよね?決定されたって事は。
      そもそも自分は愛称なんて必要ないと思っている。
      東北線の東京~宇都宮も、自分は頑なに東北線としか呼んでいない!

  3. やっぱり行くべきは安全な冒険の旅に限るよな

  4. 青梅を挟んで路線の性格が変わるから名前を分けるのは良いと思うが、名前が長すぎる。
    またせめて、こんな名前にするならそれに相応しい車両も用意するべき。
    4扉ロングでは詐欺。

  5. 愛称が定着するかは大いに疑問だ。
    それよりも、青梅-奥多摩間の所要時間をもう少し短縮してくれ。

  6. 東武アーバンパークラインみたいだな。
    昔のJRは私鉄にはないお堅いイメージで好感を持てたが、それが今や東武のマネか。
    しかも「東京」って何だよ。東京駅から1時間以上かかるのに。
    これが許されるなら東京ドイツ村もOKになるな。