新宿西口ハルクの飲食街「ハルチカ」が初リニューアル! 都内初出店など4店が新規出店(写真25枚)

小田急電鉄が「新宿西口ハルク」の飲食エリア「食堂酒場ハル★チカ」の中地下3階をリニューアルオープン。都内初や新宿エリア初など、4店舗が新規出店し、既存店もメニューの充実を図ります。

開業以来初めてのリニューアル

 2018年9月21日(金)の午前11時、小田急電鉄が、新宿駅に直結する商業施設「新宿西口ハルク」の地下飲食エリア「食堂酒場ハル★チカ」のうち、中地下3階(MB3F)フロアをリニューアルオープンしました。

「食堂酒場ハル★チカ」は2010(平成22)年に開業。「ハルチカ」の通称で、中地下3階と地下3階に飲食店が設けられています。フロアをリニューアルするのは、今回は中地下3階のみですが初めてといいます。

Large 180920 syokudosakaba 01

拡大画像

都内初出店の「串焼き。ビストロガブリ」(2018年9月20日、伊藤真悟撮影)。

 リニューアルオープンに先立ち9月20日(木)、報道関係者向けに「ハルチカ」での試食会が行われました。

 中地下3階は飲食店が8店舗が並び、そのうち新規は4店舗。まず、東京都内初出店となる「串焼き。ビストロガブリ」は、焼鳥や和牛、鴨、羊などの串焼きをはじめ、トリュフソースをかけたトリュフ大根やオマール海老をソースとしたはんぺんなどの「フレンチおでん」を主力としています。

 新宿エリアで初めて出店するのは「アガリコ 餃子楼」。米ニューヨークのチャイナタウンにある中華料理店をイメージした居酒屋で、餃子や点心を中心にした小皿料理などを用意しています。

Large 180920 syokudosakaba 02 Large 180920 syokudosakaba 03 Large 180920 syokudosakaba 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

新宿エリア初出店の「アガリコ 餃子楼」。
鉄板居酒屋の「一歩」。
カフェ&バーの「Lad's Dining」。

「一歩」は鉄板居酒屋。国産牛の丸腸(ホルモン)を炒めた「国産牛トロホルモン」や、鶏のせせり(首肉)を炒めた「鶏セセリ柚子胡椒焼き」など独創性の高いメニューをはじめ、定番ともいえる「お好み焼き(豚玉)」もあります。

「Lad's Dining」はカフェ&バー。ランチメニューではパスタやピザを用意し、ワッフルが食べ放題。ディナーではパエリアやローストビーフなど、多彩なメニューがあります。

この記事の画像をもっと見る(25枚)

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント