形式消滅控えた121系電車のツアー開催 普段走らない区間も走行 JR四国

JR四国が「ありがとうコイルバネ! 輝け後付けスカート!! 最後の赤帯121系ファイナルツアー」を開催。形式消滅を控えた121系電車の旅を楽しめます。

高松~今治を日帰り1往復

 2018年10月1日(月)、JR四国が、121系電車を使った日帰りツアー「ありがとうコイルバネ! 輝け後付けスカート!! 最後の赤帯121系ファイナルツアー」を発売しました。

Large 181001 jrs121tour 01
2018年度中に形式消滅する見込みの121系電車のイメージ(画像:JR四国)。

 国鉄時代最後の1987(昭和62)年に製造された121系は、現在、高松近郊の予讃線、土讃線で普通列車などに使用されています。登場から30年が経過しているため、2016年から7200系電車への改造・リニューアルが進行中。これにより、2018年度中には形式が消滅する見込みです。

 ツアーは10月27日(土)に開催。ワンマン運転対応の121系2両編成で、定期運用のない予讃線の伊予西条以西を含む高松~今治間を1往復します。参加者には特製乗車記念ノベルティや特製掛け紙付き弁当を用意。途中駅では撮影時間が確保されるほか、特急停車駅の通過運転もあるといいます。

 募集人員は70人、旅行代金は大人9900円、子ども8800円です。申し込みはJR四国ツアーのウェブサイトやワープ高知支店の店頭、電話で受け付けています。

 JR四国は「今では貴重となった121系の乗り心地や走行音、長距離乗車をこの機会に是非お楽しみください」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント