駅のプラットホーム、番号はどうやって付けている? 欠けたり戻ったりすることも

【写真】えちぜん鉄道の「降りられないホーム」

Large 181018 platform 03

拡大画像

福井県のえちぜん鉄道は床が低い電車と高い電車を運用。低床電車が高床ホームに停車するとホームが邪魔になって降りられない。写真の新田塚駅では高床ホームの反対側に低床ホームを設置している(2018年5月、草町義和撮影)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(3枚)

Writer: 草町義和(鉄道ニュースサイト記者)

鉄道誌の編集やウェブサイト制作業を経て鉄道ライターに。2020年から鉄道ニュースサイト『鉄道プレスネット』所属記者。おもな研究分野は廃線や未成線、鉄道新線の建設や路線計画。鉄道誌『鉄道ジャーナル』(成美堂出版)などに寄稿。おもな著書に『鉄道計画は変わる。』(交通新聞社)など。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント