特急用のE653系が「国鉄特急色」に変身 水戸支社管内へ「復帰」 JR東日本

JR東日本の特急「いなほ」などに使われているE653系電車が「国鉄特急色」に変身。かつて営業運転していた水戸支社管内に戻ってきます。

485系の特急「ひたち」をイメージ

 JR東日本水戸支社は2018年10月19日(金)、車両の外観デザインを国鉄特急色に変更したE653系電車を2019年春ごろから運行すると発表しました。

Large 181019 jree653 01
485系特急「ひたち」の塗装イメージを施したE653系のイメージ(画像:JR東日本水戸支社)。

 E653系は、1997(平成9)年10月から2013(平成25)年3月まで、常磐線の特急「フレッシュひたち」として使われていました。その後、E657系電車の導入に伴い、E653系は新潟~秋田間などを走る羽越本線の特急「いなほ」などとして営業運転をしています。

 JR東日本水戸支社によると、今回、同支社管内に戻ってくるE653系の外観デザインは、かつて常磐線の特急「ひたち」などに使われていた485系電車をイメージしたとのこと。485系は国鉄時代に造られた特急形電車で、かつて外観は赤とクリームをまとっていました。同支社は、E653系の今回のデザインコンセプトについて「新しさとノスタルジーを兼ね備えた地元の方々に愛されるデザインとしました」と説明しています。

 水戸支社管内に戻ってくるE653系は7両1編成で、1号車はグリーン車に改造されます。2019年春ごろには臨時列車として営業運転を開始する予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181019 jree653 02
  • Thumbnail 181019 jree653 01

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. どうせやるなら キハ81ひたち のイメージに寄せていきましょうよ

  2. 公式プレスリリースでは、「1号車はグリーン車に改造されています」と記載されているので、新潟で既に改造された編成が来るのではないでしょうか?

  3. 好きにして❗

  4. いわゆる「ウソ電」がどんどん現実のものになって面白いです。

    新しく造る特急車両を わざと国鉄型車両風の形にして、それを映画・ドラマ等の撮影誘致に使い、鉄道会社とその地域の宣伝に使うという戦略もあって良いと思います。特急型車両をわざと国鉄型風で造るのはJRでないと出来ないです。(一般型・普通列車用車両を国鉄型風にするのは いすみ鉄道 がすでに実現している)