好調フェリーに影を落とす燃料問題 価格高騰で運休の路線も 2020年にはさらに負担増

燃料価格が高騰しています。その影響を受けやすいフェリーでは、ある路線が運航を当面休止する事態に。各社、燃油サーチャージの調整で対応してはいますが、2020年にはさらに、燃料コストの大幅な状況が想定されています。

高知から県外へのフェリー消滅か

 2018年10月現在、燃料価格が高騰しています。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンの1Lあたり平均は10月22日(月)時点で160.0円。2014年11月以来、約4年ぶりに160円台に達しました。

 こうした燃料価格変動の影響を受けやすいのがフェリーです。日本旅客船協会よると、フェリーの運航コストにおいて燃料費は、一般的に3割程度を占めるとのこと。現在、燃料高騰を理由に、あるフェリーが運航を休止する事態となっています。

Large 181024 abura 01
2018年10月19日から運航を休止した宿毛フェリー「あしずり」(画像:PIXTA)。

 それは、高知県の宿毛市と大分県の佐伯市を結ぶ宿毛フェリー。高知県にとっては県外を結ぶ唯一のフェリー航路ですが、10月19日(金)から運休したままです。宿毛市企画課の担当者は、「19日(金)0時台発の便から運休していたようで、翌朝出勤し、高知運輸支局および県からの電話でその事実を知ったほどです」と、突然のことに驚いているといいます。その後、会社側とコンタクトを重ねている同担当者に話を聞きました。

――なぜ運航休止に至ったのでしょうか?

 燃料高騰がやはり大きな痛手なようです。加えて船の老朽化による故障や、台風の影響による営業損失、修繕費や船員の問題など、積もり積もって運休に至ったといいます。

――宿毛フェリーの利用実績はどうだったのでしょうか?

 利用実績を収集しているところではありますが、県がトラック運送事業者に対してフェリー利用を促進するための補助金を出していることもあり、安く利用できたことから実績は低くはなかったと認識しています。宿毛フェリーをよく利用する運送10社に対し県が行ったヒアリングでも、「困っている」との声が寄せられました。

 愛媛県の八幡浜まで北上すれば、大分県の別府や臼杵を結ぶフェリーがあるので死活問題というわけではないようですが、それにしても高知から鹿児島などへ向かう場合は遠回りとなります(編集部注:宿毛~八幡浜間は国道56号経由でおよそ100km)。

――燃料費がいくらくらいまで下がれば再開できる、といった見通しなどは立っているのでしょうか?

 そういった見通しは伝えられておらず、先が見えない状況です。九州を結ぶ大切な航路でもあるので、市としては存続に協力したいと考えており、県としても関係市町村の意向に応じて必要な支援をするとしています。ただ、宿毛フェリー側としても、どのような助けが必要かわからない状況のようで、向こうから助けを求めてくれない限り、動けないところがあります。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181024 abura 04
  • Thumbnail 181024 abura 01
  • Thumbnail 181024 abura 02
  • Thumbnail 181024 abura 03

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 何が故に好調なのかを考えれば当たり前の流れですかね。
    トラックやバスも排ガス規制の煽りで車両価格は値上がりする反面運賃は上がらない、船舶同様に燃料高騰の問題、雇用の条件は改善されつつも相変わらずに随所に臭い物に蓋が見え隠れしてますし
    そもそも海運を丸投げ放置した高速1000円時代の病が未だに燻ってる証じゃないでしょうか?
    ここ最近のレギュラーガソリンが150円前後を往き来するあたりから根強い税率の議論が出てくれば風向きも変わるでしょうか?、私はマイカーにハイオクを入れてますが、今年4月に島根県と山口県で給油したハイオクの単価が138円前後でしたので現在は軽油がこの単価に迫る勢いからしても確かに深刻な状況なんでしょうね。
    フェリー業界も船舶の老朽化や物流利用の活性化を見越して新造船を短期に複数建造しましたが機関の初期トラブルや今回の燃料高騰に規制の大きく立ちはだかる壁、他方の物流の苦境を糧にしたビシネスチャンスなんてのは中々難しい話なんでしょうかね?
    四国に複数の橋を建造しても互いの経路が寸断された場合の振り替え輸送の提携の架け橋は無いに等しい状況ですし、熟、基礎の大切さを思いしらされますね。

  2. いい加減、フェリーも太陽光発電など石油以外で運航できる技術の実現って無理なのだろうか。
    石油産出国の情勢云々で休止になったりするのは非常に困る。
    運行会社さんが本当に気の毒。

    • 人造石油とかも試してみる価値はある