阪神高速15号堺線と17号西大阪線、2日から通行止め 10日間リニューアル工事

リニューアル工事のため、阪神高速の15号堺線と17号西大阪線が10日間にわたり通行止めになります。

周囲の高速道・一般道は交通量増の見込み

 阪神高速が2018年11月2日(金)午前4時から、15号堺線と17号西大阪線を終日通行止めにしてリニューアル工事を始めます。期間は11月12日(月)午前6時までです。対象となる区間は次のとおり。

Large 181029 hanshinkouji 01
15号堺線と17号西大阪線が、2018年11月2日から12日まで通行止めに(画像:阪神高速)。

●15号堺線(上下線全線約13.4km)
・上り:堺入口~1号環状線合流部(湊町JCT)
・下り:1号環状線千日前線分岐(高津JCT)・高津入口~堺出口

●17号西大阪線(上下線全線約3.8km)
・上り:安治川入口~15号堺線合流部(南開JCT)
・下り:15号堺線分岐部(南開JCT)~安治川出口

 通行止めの期間中、4号湾岸線・大浜出入口~15号堺線・堺出入口間の乗り継ぎ利用はできません。また、15号堺線の玉出 入口は床版取替工事のため7月10日から閉鎖されていますが、今回のリニューアル工事の終了とともに開放される予定です。

 阪神高速によると、15号堺線と17号西大阪線は開通から約50年が経過しており、鉄筋コンクリート床版(RC床版)の劣化が進行。また、2007(平成19)年度の改修工事から10年以上が経過し、舗装の穴ぼこやジョイント(橋の継ぎ目)の浮きなどが多く発生しているといいます。

 今回のリニューアル工事では、RC床版の長寿命化対策として高性能床版防水を実施するとともに、舗装やジョイントを補修。また、床版連結工法によりジョイントをなくす工事や、分かりやすい道路標識への交換なども行う予定です。

 なお、通行止めにより、迂回(うかい)ルートとなる4号湾岸線や14号松原線、16号大阪港線、近畿道などの高速道路、そして周囲の一般道では交通量が増え、渋滞になることが予想されています。阪神高速は「お客さま及び沿道にお住まいの皆さまには大変ご不便をおかけしますが、お車のご利用を控えていただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします」と呼び掛けています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(4枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 前略 配信停止お願いします。配信頼んだ覚えがありません。