高速道路が「通行止」、どんな選択肢がある? 通行料金はどうなるのか

走行中の高速道路が通行止めになった場合、一般道で目的地に向かう、あるいは迂回して同じ高速道路に乗り直す、料金所で引き返すなど、さまざまな選択肢がありますが、いずれの場合も金銭的には損しないようになっています。

通行料金が割高にならない「調整」を受けられる

 悪天候や事故などで高速道路が通行止めになると、情報表示板やパトロールカーなどの案内により、指定されたICから一般道に出るように案内されます。

Large 180416 roadclosed 01
通行止めの案内を表示する、高速道路の情報表示版。写真はイメージ(画像:PIXTA)。

 工事による通行止めの場合は日時や対象区間が知らされるため、事前の対策が可能ですが、走行中の高速道路で予期せぬ「通行止め」にあった場合、どのような選択肢があるでしょう。「一般道に降りてそのまま目的地へ向かう」「一般道へ降り通行止め箇所を迂回して再び高速道路に戻る」「SAやPAで通行止め解除を待つ」などといった対応が考えられるでしょうか。

 そうしたなか、2番目の「一般道へ降り通行止め箇所を迂回して再び高速道路に戻る」場合、条件を満たせば通行料金が割高にならずにすむ措置があります。高速道路では一定距離以上を連続走行すると料金が割引になる制度がありますが、通行止めによって一般道に出た場合、その割引対象となる「連続走行」が途絶えることにならないようにするというものです。NEXCO中日本によると、一般道への迂回時に指定された方法で通行すれば、再び高速道路へ戻ったあとの区間の料金について調整が受けられるそうです。

「ETC車の場合は、一般道に出る際も高速道路に戻る際も料金所のETCレーンをそのままご通行下さい。非ETC車の場合は一般道に出る料金所で迂回する旨をお申し出いただければ『乗継証明書』をお渡ししますので、高速道路へ戻る際の料金所でご提示下さい。いずれの場合も長距離走行による割引を勘案して、料金を調整させていただきます」(NEXCO中日本 広報室)。

 料金調整の計算方法は複雑ですが、通常時に目的地まで直行した場合よりも割高にならないように調整されるそうです。ただしETC車については「時間帯割引の適用も考慮し、乗り直す前の走行料金も含めて調整の上、後日請求させていただきます」(NEXCO中日本 広報室)といい、すぐにその場で調整後の金額が分かるというわけではないようです。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180416 roadclosed 02
  • Thumbnail 180416 roadclosed 01

関連記事

最新記事

コメント