高速バス「名古屋~高山線」、冬は1日15往復に増便 4か月の期間限定

名鉄バス、ジェイアール東海バス、濃飛乗合自動車が共同運行する高速バス「名古屋~高山線」が、期間限定で増便されます。

1日15往復に

 名鉄バス、ジェイアール東海バス、濃飛乗合自動車の3社が共同運行している「名古屋~高山線」が、2018年12月1日(土)から2019年3月31日(日)まで1日15往復に増便します。

Large 181102 meitetsubustakayama 01
「名古屋~高山線」で使われるバス車両のイメージ(画像:名鉄バス)。

 同路線は名鉄バスセンターを起点に、JR名古屋駅、郡上八幡インター、清見、崇教真光総本山前を経由し、高山濃飛バスセンターまでを結びます。2000(平成12)年10月に1日6往復で運行を開始。その後、高速道路の延伸やインバウンド需要などが追い風となり利用者も増え、2015年7月には1日12往復まで増便を重ねています。

 今回の増便では3往復を増便します。名鉄バスセンター発が午前2便と午後1便、高山濃飛バスセンター発が午前1便と午後2便です。

 運賃は、名鉄バスセンター・JR名古屋駅~崇教真光総本山前・高山濃飛バスセンター間の場合、片道2980円、往復5140円です。予約開始は乗車1か月前の同日8時から開始されます。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 名鉄バスはトイレが綺麗で広いのが良いです。