京阪「プレミアムカー」3000系にも導入へ 車両新造、昼間は全特急列車で利用可に

京阪電鉄の座席指定特別車両「プレミアムカー」が拡充へ。現在の8000系電車に続き、新たに3000系電車にも導入されます。車両6両は新規に製造されます。

「プレミアムカー」の運転本数拡大へ

 京阪電鉄は2018年11月8日(木)、座席指定特別車両「プレミアムカー」を8000系電車に続き、新たに3000系電車にも導入すると発表しました。

Large 181108 keihanprecar3000 01
「プレミアムカー」を連結した3000系電車のイメージ(画像:京阪電鉄)。

「プレミアムカー」のサービスは、2017年8月に8000系の全10編成でスタートしました。リクライニングシートを2+1列で配置。さらに大型テーブルや電源コンセント、無料Wi-Fiなどを備え、専属のアテンダントも配置しています。利用の際は乗車券のほか、プレミアムカー料金(400~500円)が必要です。

 3000系は全6編成を対象に、「プレミアムカー」用車両6両を新造して各編成の6号車に組み入れます。これにより昼間は原則としてすべての特急列車(1時間あたり上下各6本)に「プレミアムカー」が導入されます。

Large 181108 keihanprecar3000 02 Large 181108 keihanprecar3000 03 Large 181108 keihanprecar3000 04
3000系「プレミアムカー」のイメージ(画像:京阪電鉄)。
3000系(上)と8000系(下)の「プレミアムカー」のイメージ(画像:京阪電鉄)。
「プレミアムカー」を連結した8000系(左)と3000系(右)のイメージ(画像:京阪電鉄)。

 3000系プレミアムカーは、8000系プレミアムカーと調和を取りつつも、3000系の基本色である「紺・白・銀」の組み合わせを活かしたデザインに。「紺(エレガント・ブルー)」を基調に、特別車両の出入口としての存在感を際立たせる「金」を扉周りに配置するといいます。座席は2+1列で全40席です。扉は片側1か所ずつに両開きで設けられます。

 3000系のプレミアムカーは2020年度にスタートする予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181108 keihanprecar3000 05
  • Thumbnail 181108 keihanprecar3000 06
  • Thumbnail 181108 keihanprecar3000 01
  • Thumbnail 181108 keihanprecar3000 02
  • Thumbnail 181108 keihanprecar3000 03
  • Thumbnail 181108 keihanprecar3000 04

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. まぁ片開きだともともと両開きだしそれこそラッシュ時に放り込まれやすい3000系なのでね……。
    ところで元々の投入路線である中之島線に現況でも臨時特急はともかく、来ても区間急行や普通に投入されてるので、「中之島線では見ない形式」になっちゃうのかな。まぁ外される1両達がセミクロス→ロング転換されて、先頭車2両作られて7両とか8両編成の「13028F」とか「13031F」で来るのかな?

  2. 新造とは!
    取り除かれる車両は、別に先頭車両を新造した上で新たにもう1編成作製されるのだろうか?
    ここまでプレミアムカーが大好評とは思いもよらなかった。
    阪急もだが、土日も平日の日中もかなり混雑が激しくなってきた。平日にも「洛楽」が運行されるようにはなったが、もっと優等列車を増発していただきたい。