JAL、イギリスでの副操縦士拘束について調査経過と対策発表 不正困難な感知器を配備

ロンドンのヒースロー空港で乗務予定だった副操縦士が、基準値を超えるアルコール値検出によって現地警察に逮捕、拘束された事例について、JALが調査の経過と再発防止策を発表しました。

当該副操縦士はまだ拘留中

 JAL(日本航空)は2018年11月16日(金)、ロンドンのヒースロー空港で乗務予定だった副操縦士が、基準値を超えるアルコール値検出によって現地警察に逮捕、拘束された事例について、調査の経過と、再発防止策について国土交通省へ報告したと発表しました。

Large 181116 jal 01

拡大画像

羽田空港を発着するJAL機(2017年1月、恵 知仁撮影)。

 調査経過について、JALは以下のように発表しています。

(1)当該副操縦士の社内でのアルコール検査においてアルコールが感知されなかった要因について、11月1日に検査方法が適切であったか質問したところ、「申し訳ございません。」という発言をしている。また社内で検証した結果、使用したアルコール感知器は不正をすることもできるという結果を得ている。こうしたことを踏まえ、当該副操縦士は測定に必要な呼気を感知器に吹きかけず、意図的に不正な検査方法で検査を行ったと認識している。

(2)機長2名がアルコール臭に気がついていなかったという点について、両機長は、4度に渡る詳細な聞き取り調査において、アルコール臭に気がつかなかった発言している。また両機長は、副操縦士が距離を置こうとしていた様子であったとの認識があり、アルコール臭に気がつかなかった可能性が考えられる。

(3)機長やアルコール臭に気づいたバスの運転手以外の当該副操縦士に接触をした関係者(客室乗務員、保安担当者など)計13名にも聞き取り調査を行ったが、バスの運転手以外は申し出なかった。

(4)2名の機長は、測定時の相互確認を怠っていたことが判明した。

(5)制限値を超えるアルコールが検出されるほど多量の飲酒を行った要因としては、今回の事例を受けて調査したところ、本人が個人的にさまざまな悩みを抱えていたようで、過度な飲酒に至った可能性があると考えられる。また、当該運航乗務員の安全、および酒精飲料に関わる規定順守の意識の低さや、アルコールの影響や分解能力に関する認識の欠如、旧型感知器では不正な測定が可能であるとの認識を持っていた可能性などが挙げられる。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181116 jal 02
  • Thumbnail 181116 jal 01

関連記事

最新記事

コメント