乗用車は1万500円、徒歩旅客は1440円 青函フェリーが「ありがとうキャンペーン」

青函フェリーが、「はやぶさ」就航5周年、「あさかぜ21」就航10周年を迎えることから、「ありがとうキャンペーン」を開催。乗用車や徒歩旅客の運賃などを割り引きます。

個室「ステートルーム」も割引料金を設定

 青函フェリーを共同運航する共栄運輸と北日本海運は2018年12月19日(水)、乗用車や徒歩旅客の運賃などを割引にする「ありがとうキャンペーン」を開催すると発表しました。

Large 181219 seikanarigatou 01
「ありがとうキャンペーン」の概要(画像:共栄運輸)。

 共栄運輸のフェリー「はやぶさ」が2019年3月に就航5周年、北日本海運の「あさかぜ21」が同年4月に就航10周年を迎えることから、これまでの感謝の気持ちと、需要が落ち込む冬期の新たな需要喚起のため、2019年1月1日(火)から3月31日(日)までの3か月間、割引企画を行うといいます。

 乗用車(4~6m)の片道運賃は、通常1万2800~1万6000円が1万500円に。同乗者は通常1600円(子ども800円)が1360円(同680円)になります。

 徒歩旅客は、通常1600円(同800円)が割引後は1440円(同720円)です。6160円を別途追加することで利用できる「はやぶさ」の個室「ステートルーム」は、5240円になります。

 割引は、青函フェリーウェブサイトの「割引クーポン券」画面を印刷するかスマートフォンなどで画面を提示すると適用されます。なお、席は限りがあるため、両社は事前に電話でキャンペーン利用を申し出て予約することをすすめています。

 青函フェリーは青森港~函館港間を1日8往復運航。船舶は「はやぶさ」「あさかぜ21」に加え「3号はやぶさ」「あさかぜ5号」の4隻体制です。

【了】

【秋の行楽に】飛行機予約はお得なスカイチケット!

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 青函フェリーは通常から安いけど、エレベーターが車椅子専用なのでキャリーケースを伴っているとやや辛いかもしれない。
    個人的には津軽海峡フェリーを選びたい。