西武の新型特急001系「ラビュー」池袋線で試運転始まる

西武鉄道の新型特急001系電車「Laview(ラビュー)」の試運転が本格的に始まりました。

スマホのアプリでも走行位置を表示

 西武鉄道の001系電車「Laview(ラビュー)」の本格的な試運転が、2018年12月23日(日)に池袋線で始まりました。

Large 181223 seibulaview 01

拡大画像

西武池袋線で試運転を行う001系「Laview」(2018年12月23日、伊藤真悟撮影)。

「Laview」は池袋線・西武秩父線の特急「ちちぶ」「むさし」に導入される、新型特急車両です。最初に完成した編成(8両)が10月に搬入され、これまで車両基地内で試運転を行っていました。営業路線での試運転は、今回が初めてです。

 西武鉄道がスマートフォン向け公式アプリで提供している「列車位置情報」でも、試運転列車の走行位置を表示。12時17分の時点では、「?」マークをかぶせた「Laview」のアイコンが、池袋線の小手指駅に表示されていました。

 営業運転の開始は2019年3月の予定。2018年度に16両、2019年度に40両が製作される計画です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(8枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181223 seibulaview 02
  • Thumbnail 181223 seibulaview 03
  • Thumbnail 181223 seibulaview 04
  • Thumbnail 181223 seibulaview 05
  • Thumbnail 181223 seibulaview 06
  • Thumbnail 181223 seibulaview 07
  • Thumbnail 181223 seibulaview 08
  • Thumbnail 181223 seibulaview 01

Writer: 草町義和(鉄道ライター)

1969年、新潟県南魚沼市生まれ。鉄道趣味誌で列車の乗車ルポや幻の鉄道(未成線)の散策記などを多数発表してきた。著書に『鉄道計画は変わる。』(交通新聞社)など。趣味はアサガオ、ゴーヤの栽培。

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. ラビューはSTRAINを置き換えた方が良いと思います。
    STRAINはあまりにも利用率が少ないし、ラビューの方が便利かと思います。

  2. ボラギノールに車輪を付けたようにしか見えない。
    外側の色、どう見ても手抜きでしょ?
    「周辺の背景が~」とか言っても所詮は無機質無個性の銀色車両に過ぎない。
    ただただ卑猥な外観で西武特急としての品性のかけらもない。
    せめて外観のカラーリングだけでも変更して欲しい。
    どうみても「走るボラギノール」以外の何物でもない。