JAL恒例「初日の出フライト」、2019年もテイクオフ 縁起物の富士山は見えた?(画像10枚)

元旦恒例、JALの初日の出フライト。2019年も1月1日未明、全国各地の空港から離陸しました。成田発着のJAL3111便は千葉県館山市付近で初日の出を眺めたのち、富士山をめぐるコースをたどります。

成田空港では「うなりくん」がお出迎え

 JAL(日本航空)恒例の「初日の出・初富士フライト」が、2019年元旦も実施されました。千葉県館山市上空で太平洋から昇る初日の出を眺めたのち、初夢に見ると縁起がよいといわれる富士山をめぐるコースです。

Large 190101 jal 01

拡大画像

成田発着JAL3111便にて、機内から迎えた2019年の初日の出(2019年1月1日、乗りものニュース編集部撮影)。

 JALおよびグループ各社の企画にて、全国各地の空港を発着するフライトが実施されており、成田空港を発着する便には「平成31年1月1日」にちなみ「JAL3111」との便名がふられていました。使用機材はボーイング787-9、2018年12月にロールアウトしたばかりの、JAL国際線最新機材です。最も安価な席(エコノミークラス、中央列席)でも2万5000円からの設定ですが、全208席は窓際から中央の席にいたるまで、すべて完売とのことです。

 年末の出国ラッシュが取りざたされる成田空港とはいえ、ついさっきまで除夜の鐘が鳴り響いていた午前4時すぎのロビーは、さすがに閑散としています。そうしたなか、JALの藤田副社長、ジャルパックの江利川社長はじめ、JALの歴代CA制服や着物に身を包んだスタッフ、そして成田市観光キャラクターの「うなりくん」が、初日の出フライトの参加者を出迎えました。

Large 190101 jal 02 Large 190101 jal 03 Large 190101 jal 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

参加者の搭乗を控えるゲートにて、JAL藤田副社長(写真右)とジャルパック江利川社長(2019年1月1日、乗りものニュース編集部撮影)。
成田市観光キャラクター「うなりくん」も参加者をお出迎え(2019年1月1日、乗りものニュース編集部撮影)。
JAL歴代CA制服に身を包んだスタッフも見られた(2019年1月1日、乗りものニュース編集部撮影)。

 搭乗口で開かれたセレモニーでは、藤田副社長が新年のあいさつに立ち、やがて午前6時01分、JAL3111便は未明の成田空港を離陸しました。

この記事の画像をもっと見る(10枚)

【秋の行楽に】飛行機予約はお得なスカイチケット!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190101 jal 06
  • Thumbnail 190101 jal 07
  • Thumbnail 190101 jal 08
  • Thumbnail 190101 jal 09
  • Thumbnail 190101 jal 10
  • Thumbnail 190101 jal 01
  • Thumbnail 190101 jal 02
  • Thumbnail 190101 jal 03
  • Thumbnail 190101 jal 04
  • Thumbnail 190101 jal 05

最新記事

コメント