【動画】速報! 2019年「飛行機の初日の出」 ANA2019便、上空4000mの富士山&ご来光(写真24枚)

ANAが「初日の出フライト」を実施。初日の出を飛行機の機内から拝むものですが、「飛んでいる飛行機の機内」ならではの特徴が、いろいろとありました。

富士山より高いところから、富士山込みの初日の出

初日の出が、ボーイング787-8機内をまばゆく照らす。そして、頭を出す富士山。「2019 ANA 初日の出フライト」(34秒)。

 2019年1月1日(火・祝)の夜明け前、5時半すぎにANA2019便が羽田空港を出発しました。雲の上からの初日の出を楽しむため運航された、ANA(全日空)の「初日の出フライト」です。

 ANA2019便は富士山の北西側、長野県駒ヶ根市上空へ飛行。そして6時45分すぎ、差し込む強い光で機内が明るくなりました。「初日の出」です。富士山の北西およそ80kmに飛行機がいて、南東に太陽が昇っている、という位置関係。飛行機の窓には、初日の出と富士山が共演しています。

Large 190101 ana 01

拡大画像

ANA ボーイング787-8型機(JA874A)の窓に現れた富士山と初日の出(2019年1月1日、恵 知仁撮影)。

「初日の出フライト」は、雲の上にいるため「曇っていて見えない」がないほか、高いところ(今回は高度およそ4000m〈約1万3000フィート〉)から眺めるので、地上(本土の平地)より早く初日の出を拝めることがある、という特徴があります。

 2019年1月1日(火・祝)の日の出時刻は、今回の「ANA2019便、初日の出鑑賞ポイント」が6時44分だったのに対し、本土の平地でもっとも早い犬吠埼(千葉県銚子市)は6時46分でした(今回のフライトでは、地表側に雲があったため、上空から初日の出が実際に顔を出したのは6時48分ごろ)。

Large 190101 ana 02 Large 190101 ana 03 Large 190101 ana 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

ANA2019便のCAと振り袖姿のグランドスタッフ。
参加者へのお土産。搭乗証明書やお弁当も配られた。
搭乗口で参加者を出迎えるANAの平子社長。

 また1月1日の午前4時ごろに羽田空港へ行き、飛行機に乗って初日の出を拝むという体験自体も、正月らしさ、非日常性を高めてくれるかもしれません。ANAの平子裕志社長も同乗し、搭乗証明書の配布などを行いました。

 なお飛行機は、富士山の北西側で何度か旋回しています。左右両側で、ご来光を拝めるようにするためです。

 参加費(2名分)は、窓側席を含む場合で10万円、含まない場合で7万円(お土産やお弁当代などを含む)。発売からほどなく完売したそうです。ANAの「初日の出フライト」は、今回で19回目になります。

【了】

この記事の画像をもっと見る(24枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190101 ana 05
  • Thumbnail  dsc8995
  • Thumbnail  dsc9006
  • Thumbnail  dsc9023
  • Thumbnail  r4a6028
  • Thumbnail  r4a6030
  • Thumbnail  r4a6033
  • Thumbnail  r4a6038
  • Thumbnail  r4a6046
  • Thumbnail  r4a6056
  • Thumbnail  r4a6067
  • Thumbnail  r4a6072
  • Thumbnail  r4a6099
  • Thumbnail  r4a6119
  • Thumbnail  r4a6179
  • Thumbnail  r4a6184
  • Thumbnail  r4a6207
  • Thumbnail  r4a6289
  • Thumbnail  r4a6312
  • Thumbnail  r4a6398
  • Thumbnail 190101 ana 01
  • Thumbnail 190101 ana 02
  • Thumbnail 190101 ana 03
  • Thumbnail 190101 ana 04

Writer: 恵 知仁(乗りものライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

コメント