大型路線バスの運転、インターンシップで体験 名鉄バスがプログラム実施

名鉄バスが、新卒向けのインターンシップで、大型路線バスの運転操作体験プログラムを実施。路線バス運転士の一日を体験できます。

アルコールチェックや車両点検も体験

 名鉄バスが2019年2月、新卒向けのインターンシップで、大型路線バスの運転操作体験プログラムを実施します。

Large 190116 meitetsubuskyosyu 01
大型バス車両を使った教習のイメージ(画像:名鉄バス)。

 自社内の教習コースを使うため、大型免許がなくても参加が可能。アルコールチェックや車両点検から始まり、大型バス車両の運転や営業所内の見学など、路線バス運転士の一日を疑似体験できます。社員との座談会も行われます。

 2月2日(土)、16日(土)、24(日)に、名鉄バス津島営業所(愛知県津島市)で実施予定(集合は名古屋駅の名鉄バスセンター)。視力0.8以上(メガネ、コンタクトレンズ可)で、普通運転免許(マニュアル車、2018年4月1日現在で取得1年以上)が必要です。

 名鉄バスによると、これまで2018年の2月と8月に実施。参加者のなかには、2019年春採用の新卒者もいるといいます。体験プログラムの参加申し込み(エントリー)は、「リクナビ2020」や「マイナビ2020」といった学生向け就職サイトで受付中です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190116 meitetsubuskyosyu 02
  • Thumbnail 190116 meitetsubuskyosyu 01

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. バス業界も人手不足がスゴいらしいな。あの手この手で人員確保に動いているんだろうな。今回の取り組みもその一貫だろう。
    だけど、根本的に給料安すぎる。
    私は以前路線バスの運転手だったが、今はトラックに乗っている。給料はほとんど変わらないかむしろ今の方が良い。
    人の命を預かる仕事なのだから、もっと給料あげないと人は集まらないのでは?

  2. バスの運転士も最低限の接客で良いと思う。
    名鉄バスなんかだと、
    運転士に求める仕事が多すぎる。

    てあらな運転はいかんとしても、
    態々ワンマン放送機器あるのに、
    『このバスは●経由●行きです。』
    から始まって、
    『●お降りのお客様いらっしゃいませんか?通過致します。信号待ちです。止まります。』
    等と延々に。
    そして最後は、
    『今日も名鉄バスをご利用頂きましてありがとうございました。終点●でございます。担当致しました運転士、●営業所●●です。またのご乗車お待ち致します。』

    無愛想で雑よりは。
    とはいえ過剰過ぎて、
    なりたくないという人材逃ししてることに気がつかないと。