ZOZO前澤社長乗せて月を目指す「スターシップ」 完成したテスト機はどんな船?

ZOZOの前澤社長が月旅行を発表して数か月、これに使用される宇宙船のテスト機が完成しました。銀色に輝く外観が印象的ですが、どのような船なのでしょうか。

月近傍まで2日間

 ECサイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZO社長の前澤友作氏は2018年9月、宇宙開発企業のスペースX(アメリカ)を率いるイーロン・マスク氏と共に、「2023年にも月旅行を行う」と発表しました。月旅行には、スペースXの超大型ロケット「スターシップ(Starship)」が利用される予定です。

Large 190121 zozo 01

拡大画像

完成した「スターシップ」のテストロケット(画像:スペースX)。

 前澤氏の月旅行では、地球から打ち上げられたロケットが月の裏側を通過し、地球へと帰還します。宇宙船が月に接近するのは打ち上げから約2日後、そして地球への帰還は約5日後です。

 月旅行の際には無重力を体験できるのはもちろん、地球を眺めたり、さらには月の縁から地球が昇る「地球の出」が眺められたりするはずです。

 さらに、ロケットには前澤氏だけでなく6人から8人のアーティストが同乗することも発表されています。彼らアーティストは、宇宙から得られたインスピレーションを生かし、作品作りに取り組むことが期待されているのです。なお、このプロジェクトは「#dearMoon」と呼ばれています。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. ただ実際問題あのロケットの安っぽさ云々以前に、訓練のない人間が発射のGに耐えられるのかな?