横浜町田ICの新ランプ、3月16日開通 国道16号保土ヶ谷バイパスの八王子方面に直結

保土ヶ谷バイパスの八王子側と東名の直接出入りが実現します。

Large 190215 r16hodogayabp 01
東名高速と保土ヶ谷バイパスの八王子方面が、横浜町田ICのランプで直結(画像:国土交通省関東地方整備局)。

 国土交通省関東地方整備局は2019年2月15日(金)、東名高速と国道16号が接続する横浜町田ICで、東名と、国道16号「保土ヶ谷バイパス」の八王子方面を直結するランプが3月16日(土)午前2時に開通すると発表しました。

 現在、横浜町田ICで八王子方面から東名に入るには、国道16号の地平部を経由する必要があります。このため南町田交差点からインターまでは4か所の信号を通ることになりますが、ランプが開通すると信号のない高架の保土ヶ谷バイパスから東名へ直接入れるようになります。逆向きの、東名から八王子方面も同様です。

 なお、国道246号から横浜町田ICへ(横浜町田ICから国道246号へ)は、これまで通り地平部を通る必要があります。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

【秋の行楽に】飛行機予約はお得なスカイチケット!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190215 r16hodogayabp 02  1
  • Thumbnail 190215 r16hodogayabp 01

最新記事

コメント