西鉄福岡(天神)駅に昇降ロープ式ホーム柵整備へ 1両分で実証実験

実証実験の期間は、およそ1年間です。

Large 190218 nsttfukuokadoor 01
「昇降ロープ式ホーム柵(支柱伸縮型)」の設置イメージ(画像:西鉄)。

 西日本鉄道(西鉄)が、2019年2月28日(木)から西鉄福岡(天神)駅で、ホームドアの実証実験を開始します。

 採用されるのは、水平に張られたロープが上下に動く「昇降ロープ式ホーム柵(支柱伸縮型)」です。車両のドアの数や位置、車両数の違いに応じて柔軟に対応できるのが特徴といいます。

 ホームドアは2番線の乗車ホームと降車ホームの北口改札側に各1両分に設置されます。実証実験は1年程度実施予定。ダイヤや乗降客への影響把握、車両検知装置の性能確認などが行われます。

 ホームドアは実証実験後、2021年度には本格整備に着手し、西鉄福岡(天神)駅すべての番線7両分に整備される計画です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190218 nsttfukuokadoor 02
  • Thumbnail 190218 nsttfukuokadoor 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. JR西日本と日本信号のロープ式を入れるんですね。

    向谷さんと日本信号のバー式はJR九州かな。

    どちらも軽く、ドア位置の自由度が高いのが特徴。

    市営地下鉄は以前からあるタイプですし、九州はさながら見本市状態ですね。