駅を「電車急速充電器」化 BEC819系蓄電池電車「DENCHA」 JR九州・香椎線で出発進行!

【写真】結構目立つ? 「DENCHA」のバッテリー、ここにある!

Large 190316 dencha 03

拡大画像

BEC819系蓄電池電車「DENCHA」。車体下の青い部分にバッテリーが収められている(2019年3月16日、恵 知仁撮影)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(3枚)

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. フル充電で90kmですか。。。
    往復で90kmで運行できる非電化路線はたくさんあるから他の路線にも導入されるのかも??
    起点・終点両方に充電設備を設ければ片道90kmも可能ということか。
    平坦な路線に向いているということは、管内で唯一公直両用車両の必要な門司~下関間の更新車両には使えないのだろうか?