路面電車なのにトンネル! 「現存唯一」とも 長崎電気軌道、線路上空を有効活用

長崎電気軌道に線路上空の有効活用で生まれた、“路面電車で唯一”とされるトンネルがあります。しかし長崎電気軌道にはこのトンネルほか、“トンネルのようなもの”も存在。“トンネル”と“ようなもの”、ややこしいことになっています。

「トンネル」と「トンネルのようなもの」がある複雑な長崎

長崎電気軌道の“路面電車唯一”ともされるトンネル。しかし同じ長崎電気軌道には、“トンネルのようなもの”も存在。何が違うのか(1分1秒)。

 長崎市内を走る長崎電気軌道に、現在“路面電車で唯一”ともされるトンネルが存在します。

Large 171102 nagasaki 01
「長崎西洋館」の「西洋館トンネル」をくぐり抜ける、長崎電気軌道の路面電車(2017年10月、恵 知仁撮影)。

 トンネルの名は「西洋館トンネル」で、長さ74m。平和公園に近い浜口町~松山町間に存在し、その名の通り、長崎電気軌道の子会社が運営する複合施設「長崎西洋館」のなかを通っています。

 ただ長崎電気軌道ではほかに、“トンネルのような場所”があります。市役所に近い桜町~公会堂前間、市営桜町駐車場や国道34号をくぐる170mほどの区間です。西洋館トンネルよりずっと長いですが、長崎電気軌道によると、こちらは「トンネル」ではないといいます。

Large 171102 nagasaki 02 Large 171102 nagasaki 04 Large 171102 nagasaki 05
「西洋館トンネル」内部。線路はカーブしている。
市営桜町駐車場、国道34号の下を通る桜町~公会堂前間。こちらは「トンネル」ではない。
「長崎西洋館」の階にある「長崎路面電車資料館」。

「浜口町付近では、都市開発に関係し一部でルート変更が必要になり、社有地を線路で分断する形になりました。そこで社有地を有効活用するため、線路をまたぐ形で長崎西洋館を建設し、1990(平成2)年にオープンしました。このとき国に対し、西洋館のなかを通る部分を『トンネル』として届け出ています」(長崎電気軌道)

 このため、「西洋館トンネル」は法令的に「トンネル」である一方、駐車場や道路の下を行く桜町~公会堂前間は、トンネルではなく「立体交差」扱いとのこと。

 ちなみに、「長崎西洋館」のなかには、長崎電気軌道の歴史を伝える「長崎路面電車資料館」があります。

【了】

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171102 nagasaki 03
  • Thumbnail 171102 nagasaki 01
  • Thumbnail 171102 nagasaki 02
  • Thumbnail 171102 nagasaki 04
  • Thumbnail 171102 nagasaki 05

関連記事

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. え?福井のえちぜん鉄道にもトンネルのようなものありますけど??唯一??

  2. 遺構としては、現・首都高四谷トンネルと、現・本牧通り山手トンネルかな?

  3. 広電の宮島線にもあったような?本当に唯一?

  4. 広島電鉄宮島線は、法律では鉄道あつかいです。走ってるのは低床車両だけどね。昔は普通の電車も走っていて、そこに路面電車が乗り入れしている形だったんよ。

    • Thanks !
      勉強になりました。

  5. 国鉄の操車場の近くにある最寄りの電停から小倉方向に進む電車に乗ればすぐにトンネルがありました。
    手向山トンネルです。
    昭和60年10月に廃止になりました。

  6. 建物の延べ床面積と関係がありそうですね。「トンネル」にすれば、長崎西洋館の延べ床面積にカウントされない、と…。

  7. 路面電車の電停の名前を変えるとか言っていたね。
    公会堂前を市民会館のようにまともなものと、浜口町を原爆資料館のように暴挙のようなのがあるとか。
    原爆資料館の最寄りって別にあるじゃろ。