高速バス、2019年春の新路線【西日本編】 廃止路線も復活、背景に何が?

2019年春、高速バスの新路線が数多く誕生します。九州では、かつて廃止された路線が相次いで復活。高山や阿蘇などで、外国人観光客の増加を背景に高速バスの需要が高まっています。

「夜行だけ」だったバス会社が初の昼行便、行先は?

 2019年春、全国で高速バスの新路線が誕生。今回は西日本(愛知県、岐阜県含む)で3月から4月にかけて新設されるおもな路線を、運行開始済みのものも含めて紹介します。

Large 190320 shinrosenwest 01
高山の町並みと「VIPライナー」の車両イメージ。こうした外国人に人気の地域に、新路線が相次いで開設される(画像:平成エンタープライズ)

「VIPライナー」名古屋~高山便

・運行会社:平成エンタープライズ
・運行開始日:2019年3月1日(金)
・区間:名古屋地区(金山正木、金山駅北口、名古屋VIPラウンジ)~郡上八幡城下町プラザ~高山
・便数:1往復
・所要時間:3時間35分~3時間40分
・大人片道運賃:2000~2200円(日によって異なる)

 関東から中部、関西にかけて運行されている平成エンタープライズの「VIPライナー」で初となる昼行便。朝の名古屋発と夕方の高山発、各1便の運行です。

 同路線は名鉄バスとジェイアール東海バス、濃飛バス(濃飛乗合自動車)が運行する名古屋~郡上八幡・高山線「ひだ高山号」とほぼ並行。岐阜県の山間部に位置する郡上八幡や高山といった都市は、古い街並みなどが残り、インバウンド(訪日観光客)にも人気の観光地。名鉄バス側も2018年12月から2019年3月末まで1日12往復を15往復まで増便するなど、高速バスの需要が高まっています。

【時刻表】新設される各路線、発着時刻は?

【夏休み】お得な航空券ならエアトリ!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190320 shinrosenwest 05
  • Thumbnail 190320 shinrosenwest 06
  • Thumbnail 190320 shinrosenwest 07
  • Thumbnail 190320 shinrosenwest 01
  • Thumbnail 190320 shinrosenwest 02
  • Thumbnail 190320 shinrosenwest 03
  • Thumbnail 190320 shinrosenwest 04 2

最新記事

コメント