「高輪ゲートウェイ駅」周辺の開発が本格始動 JR東日本のプロジェクトが都市計画決定

JR東日本の進める「品川開発プロジェクト(第1期)」が、都市計画決定されました。高輪ゲートウェイ駅周辺に、「グローバルゲートウェイ品川」のコンセプトのもと、複数の高層ビルが立ち並ぶ計画です。

「品川開発プロジェクト(第1期)」が始動

 JR東日本は2019年4月22日(月)、高輪ゲートウェイ駅(東京都港区)の周辺で進めている「品川開発プロジェクト(第1期)」が、都市計画決定されたと発表しました。

 2020年春、山手線と京浜東北線の田町~品川間に新駅の高輪ゲートウェイ駅が開業する予定です。この駅に隣接する形でJR東日本は現在、品川開発プロジェクト(第1期)を進行中。今回、この都市計画が、国家戦略特別区域会議と内閣総理大臣による認定を受けました。

Large 190422 jregateway 01

拡大画像

港南側(東側)から高輪ゲートウェイ駅(右下)と、4街区・3街区を望む(画像:JR東日本)。

 計画は、港区の港南二丁目、芝浦四丁目、高輪二丁目、三田三丁目にまたがる約9.5ヘクタールの敷地(都市再生特別地区)に、北から「1街区」「2街区」「3街区」「4街区」を設定。1街区と3街区、4街区は高さ約164m~173m(地上30階~45階)の高層ビルが建てられます。建物には、居住施設(約860戸)をはじめ、インターナショナルスクール、多言語対応の子育て支援施設、文化創造施設、宿泊施設などが入る計画です。

 品川開発プロジェクト(第1期)は、まちづくりのコンセプトである「グローバルゲートウェイ品川」にふさわしい景観を実現させるため、まち全体のデザイン構想では、建築デザイン事務所の「Pickard Chilton(ピカード・チルトン)」と「隈研吾建築都市設計事務所」が起用されました。

【画像】「品川開発プロジェクト(第1期)」の概要

【秋の行楽に】飛行機予約はお得なスカイチケット!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190422 jregateway 03
  • Thumbnail 190422 jregateway 04
  • Thumbnail 190422 jregateway 01
  • Thumbnail 190422 jregateway 02

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. この開発だけは失敗して欲しい。

  2. とにかく駅名と地名を令和にしろ。

  3. 近くに競馬か競輪でもあるかのような駅名だな

  4. まああれだけどこぞのエッセイストたちがマスコミやらなにやらに取り上げられてネットで反対署名活動した割に、1ヶ月間で大塚駅の乗車人員より少ない署名しか集まらなかったわけですから、大多数にとって駅名の問題はどうでもいい話なんでしょうね。

    ただあの広大な空き地を開発するとなると自ずと周辺の環境も一変するでしょうから(ちょっと前なら「イオンができたら半径数キロの地場商店が壊滅した」的な?)、最終的には良くも悪くもしっくりくる名前なんじゃないかな~と。