成田行きANAのエアバスA380型機「フライングホヌ」初便、ハワイの空にテイクオフ!

ついに就航したANAのエアバスA380型機「フライングホヌ(空飛ぶウミガメ)」。成田発ホノルル行きに続き、折り返しホノルル発成田行きの初便も出発しました。ANAによると、両便ともほぼ満席だったそうです。

初便は両方ともほぼ満席

 ANA(全日空)が日本の航空会社で初めて導入し、東京(成田)~ハワイ(ホノルル)線へ就航させた「世界最大の旅客機」エアバスA380型機。そのホノルル発成田行きの初便(NH183便)が5月24日(金)の12時ごろ(日本時間25日〈土〉7時ごろ)、成田発ホノルル行きの初便(NH184便)の折り返しで出発しました(所定は現地時間11時30分発)。

Large 190525 a380 01

拡大画像

ホノルルを出発する成田行きの初便。ANAのエアバスA380型機は「フライングホヌ(空飛ぶウミガメ)」という愛称と、特別塗装を持っている(2019年5月24日、恵 知仁撮影)。

 成田行き初便の出発にあたって、ホノルル(ダニエル・K・イノウエ国際空港)ではセレモニーが開催されたほか、搭乗客へ「フライングホヌ」にちなんだデザインのタオルがプレゼントされています。

 ANAによると成田発の初便(NH184便)、ホノルル発の初便(NH183便)とも、ほぼ満席だったとそうです。

 またダニエル・K・イノウエ国際空港では、「かわいい~」と言いながら「フライングホヌ」をバックに写真を撮る乗客たちのほか、空港スタッフや航空会社のクルーとみられる服を着ている人がしばしば、スマートフォンで「フライングホヌ」を撮影していたのも印象的でした。

【了】

【写真】成田へ向かうエアバスA380型機「フライングホヌ」

Writer: 恵 知仁(乗りものライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント