JALとマレーシア航空が共同事業実施へ覚書 利用者の利便性向上へ

JALとマレーシア航空が共同事業実施に向け、覚書を締結しました。マレーシア航空のワンワールド加盟時からコードシェアをしていた2社が、提携関係をさらに深化。利用者の利便性向上と両国のツーリズム振興を目指します。

2020年までの共同事業開始を目指す

 JAL(日本航空)とマレーシア航空が2019年5月27日(月)、共同事業実施に向けた覚書を締結しました。

Large 190527 jlxmh 01
共同事業実施へ向けた覚書を締結したマレーシア航空のイズハム・イスマイル社長(左から2番目)とJALの赤坂祐二社長(3番目)(画像:JAL)。

 マレーシア航空が航空連合「ワンワールド」に加盟した2012(平成24)年に、JALとマレーシア航空はコードシェア(共同運航)をスタート。今回は共同事業により提携関係をさらに深化させ、利用者により良いサービスが提供可能になるといいます。

 2020年までに利用者の利便性とサービス向上を目的に、共同事業を目指したいという両社。すでに関係当局へ独占禁止法の適用除外も申請しています。それ以外にも互いの知見を共有し、貨物や周辺事業も含めた協力関係の構築を検討し、両国市場におけるツーリズム振興に寄与していきたい考えです。

 2019年5月現在、JALは成田~クアラルンプール線を週7便、マレーシア航空は同区間を週12便運航。あわせて、マレーシア航空は関西~クアラルンプール線を週7便、成田~コタキナバル線を週2便運航しています。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント