ANA「空飛ぶウミガメ」初便に乗ってみた! エアバスA380機内に拍手 ハワイで虹かかる

ANAが導入したエアバスA380型機「フライングホヌ」。その初便に搭乗して、成田からホノルルへ向かいました。その機内には非日常が多く存在したほか、搭乗前の“撮影会”、みたび湧く拍手、そして虹と、特別な瞬間がありました。

搭乗前にまず「撮影会」

ついにデビューしたANAのエアバスA380型機「フライングホヌ」。その初便機内は特別だった(46秒)。

 ANAが日本の航空会社で初めて導入した、世界最大の旅客機であるエアバスA380型機。2019年5月24日(金)に運航されたその初便、東京(成田)発ハワイ(ホノルル)行きのNH184便へ搭乗しました。

Large 190527 honu 01

拡大画像

成田空港で出発を待つANA「フライングホヌ」初便。トーイングカーにも記念の装飾が施されている(2019年5月24日、恵 知仁撮影)。

 同機の就航先であるハワイで「神聖な生き物」とされているウミガメ(ホヌ)にちなみ、「FLYING HONU(フライングホヌ:空飛ぶウミガメ)」という愛称と特別塗装を持っている、ANAのエアバスA380型機。搭乗口から機内へ向かう途中、「かわいい!」「すごい!」と言いながら写真を撮る人が多数見られたのが印象的でした。離陸前に放送される機内安全ビデオも、ホノルル線限定の「ウミガメバージョン」です。

 定刻20時10分、初便は520席という巨大なキャパシティが満席の予約で、ゲートを離れます。すると機外に、「フライングホヌ」2号機の姿が見えました。

Large 190527 honu 02 Large 190527 honu 03 Large 190527 honu 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

初便搭乗者へプレゼントされた「フライングホヌ」のバッグ。
機内へ入る前に発生していた“撮影会”。
初便の機外カメラに映ったエメラルドグリーンの2号機。

 この初便に使われているのは、ハワイの「空」をイメージした「ANAブルー」の「フライングホヌ」1号機(機番:JA381A)。6月中には、ハワイの「海」をイメージした「エメラルドグリーン」デザインの2号機(機番:JA382A)もデビュー予定です。

 その2号機もこのとき、成田空港に滞在中。「初便」として旅立つ1号機を見送っています。

 20時38分、初便はホノルルへ向けて離陸。その瞬間、機内ではどこからともなく拍手がわき起こりました。初便ではよくあることだそうです。

【写真特集】ANAのエアバスA380型機「フライングホヌ」初便!

画像ギャラリー

  • Thumbnail  r4a6118
  • Thumbnail  r4a6128
  • Thumbnail  r4a6159
  • Thumbnail  r4a6166
  • Thumbnail  r4a6220
  • Thumbnail  r4a6251
  • Thumbnail  r4a6335
  • Thumbnail  r4a6362
  • Thumbnail  r4a6380
  • Thumbnail  r4a6388
  • Thumbnail  r4a6402
  • Thumbnail  r4a6483
  • Thumbnail  r4a6533
  • Thumbnail  r4a6538
  • Thumbnail  r4a6614
  • Thumbnail  r4a6616
  • Thumbnail  r4a6629
  • Thumbnail  r4a6686
  • Thumbnail  r4a6696
  • Thumbnail  r4a6729
  • Thumbnail 190527 honu 01
  • Thumbnail 190527 honu 02
  • Thumbnail 190527 honu 03
  • Thumbnail 190527 honu 04
  • Thumbnail 190527 honu 05
  • Thumbnail 190527 honu 06
  • Thumbnail 190527 honu 07
  • Thumbnail 190527 honu 08
  • Thumbnail 190527 honu 09
  • Thumbnail 190527 honu 10

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 近頃雨は良く降るけど虹はさっぱり見ない