日本初!各停の車内放送でポイント付与 アプリ「KQスタんぽ」で特急混雑緩和へ 京急

京急電鉄が、朝ラッシュ時の快速・特急列車の混雑緩和を目的に、普通列車利用者にポイントを付与する「KQスタんぽ」サービスを始めます。車掌が車内放送で流す「ほぼ聞き取れない音」をアプリで認識させる仕組みです。

「ほぼ聞き取れない音」を車掌が放送

 京急電鉄は2019年6月24日(月)、平日朝ラッシュ時に、各駅に停車する普通列車の利用者へポイントを付与するサービスを7月から始めると発表しました。

 快特や特急列車が混雑することから、ポイント付与の取り組みを通じて、比較的混雑度合いの低い普通列車の利用を促します。

Large 190624 kqstamp 01
自動放送と同時に非可聴音を流す区間(画像:京急電鉄)。

 ポイント付与は、スマートフォン向けアプリの「KQスタんぽ」を使用。平日朝7時半から9時までの時間帯に上り普通列車で、車掌がタブレット端末を操作し、人間の耳ではほぼ聞き取れないという非可聴音を自動車内放送と同時に流します。普通列車の乗客は自動放送にあわせて「KQスタんぽ」を操作して非可聴音を認識させ、ポイントを取得するという「日本初の仕組み」(京急電鉄)です。非可聴音は、ヤマハが開発したSoundUD音声トリガー技術「Type-B」を使用します。

 非可聴音が流れる区間は、平和島~鮫洲間のうちいずれかの駅間で1回、青物横丁~品川間のうちいずれかの駅間で1回の計2回です。2回とも取得すると、翌日に京急プレミアポイント20ポイントが自動的に付与されます。毎日続けると年間で約4000円相当のポイント取得が可能です。

 京急電鉄によると、時間をずらす「オフピーク通勤」が難しい利用者に、快適通勤に向けた新しい提案をするとともに、特急列車などの混雑緩和を推進するために実施するといいます。アプリ「KQスタんぽ」は6月28日(金)に配信が始まる予定です。

【了】

【画像】ポイント付与の仕組み

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190624 kqstamp 02
  • Thumbnail 190624 kqstamp 03
  • Thumbnail 190624 kqstamp 04
  • Thumbnail 190624 kqstamp 05
  • Thumbnail 190624 kqstamp 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 音波ってことは山手線トレインネットと同じ仕組み?