「国鉄の香り石鹸」登場 成分不明「国鉄車両の車内のにおい」再現 どんなにおい?

「国鉄の香り石鹸」なる商品が登場しました。国鉄時代の車両が持つ、車内の「独特のにおい」を再現したという石鹸、どのようなにおいがするのでしょうか。

少し鼻をつく、独特の「車内のにおい」

「国鉄の香り石鹸」なるものが発売されました。合同会社ビイエルテイ(東京都港区)代表の高橋 竜さんが立ち上げたブランド「COQTEZ」の商品で、高橋さんによると、世界初の「鉄道をテーマにした石鹸」だそうです。

Large 190701 coqtez 01

拡大画像

「国鉄の香り石鹸」。パッケージは151系電車をイメージしたという「赤箱」(画像:ビイエルテイ)。

 高橋さんは2017年10月、「COQTEZ」ブランドの第1弾として、国鉄時代の車両における車内のにおいを再現したという「国鉄の香り」ルームフレグランスを発売しました。今回、その香りを「より実用的なモノ」で楽しんでもらいたいという思いから、ルームフレグランスをもとに、同じ香りを持つ石鹸を開発したそうです。

「昔の国鉄車両に乗ったときに感じられる、少し鼻をつく、何ともいえない独特のにおいを再現したもの」(高橋さん)という「国鉄の香り」。その実態は、車両に使われていた消毒剤のにおいだそうですが、具体的な成分などは高橋さん自身もよくわかっていないといいます。

【写真】こっちは30万円超 「国鉄運転席レプリカ」

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190701 coqtez 05
  • Thumbnail 190701 coqtez 06
  • Thumbnail 190701 coqtez 01
  • Thumbnail 190701 coqtez 02
  • Thumbnail 190701 coqtez 03
  • Thumbnail 190701 coqtez 04

最新記事

コメント