商船三井グループの運搬船とフェリー「シップ・オブ・ザ・イヤー2018」でダブル受賞

商船三井グループの運搬船とフェリー「シップ・オブ・ザ・イヤー2018」をダブル受賞。自動車運搬船「ベルーガ・エース」は大賞を、フェリー「さんふらわあ さつま・きりしま」は大型客船部門賞に輝きました。

次世代設計や快適性と環境・安全性能を両立が評価

 商船三井は2019年7月24日(水)、「シップ・オブ・ザ・イヤー2018」で、商船三井グループの運搬船とフェリーが、ダブル受賞したと発表しました。

Large 190725 mitui 01

拡大画像

「さんふらわあ きりしま」(2018年9月12日、伊藤真悟撮影)。

 自動車運搬船「FLEXIEシリーズ」の1番船「ベルーガ・エース」は、大賞を受賞。高い積荷効率を達成できる高さ調節が可能な6層デッキの装備をはじめ、船体構造の見直し、積極的な省エネ技術の採用など、新機軸を採用した次世代設計の点で高く評価されたといいます。

 商船三井グループであるフェリーさんふらわあのフェリー「さんふらわあ さつま」「さんふらわあ きりしま」は、大型客船部門賞を受賞。プライベート空間やパブリックスペースの充実、推進効率を向上させたプロペラ「1軸ハイブリッドCRP推進システム」、非常に強く軽い泡を作り出す「車輛甲板高発泡消火装置」など、快適性と環境・安全性能を両立させた点が高い評価を受けたといいます。

 シップ・オブ・ザ・イヤーは技術的、芸術的、社会的に優れた船舶や海洋構造物の建造を促進するために1990(平成2)年から日本船舶海洋工学会が主催。今回で29回目です。

【了】

【写真】「シップ・オブ・ザ・イヤー2018」表彰式

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 今後も盤石な運用を心掛けて欲しくてさ
    グッズでもあれば買っておきたいかな

  2. お笑いのうけ狙い賞なのか?
    優待客の為に一般客の乗船枠を絞り込んだり、定期便を平然と満席扱いにして団体専用として運行する会社に賞とか懐が深いな
    まあ、航路の認可も賞も審査なんてしてないだろうしね。
    何でも新しい物が優れてるかのような勘違いが場当たりな受け狙いの賞に走ったり就航延期や就航直後トラブルを巻き起こす原因になるのではないでしょうかね?
    物流の世界もフェリー協会とかトラック協会なる組織をリストラしないとね

  3. こんな会社に賞とか無駄な大風呂敷を拡げて
    何度も横浜に里帰り入院した単なるコストダウン船だろ?
    まだ三菱で造船された旧さんふらわあのほうが賞に価すると思うけど
    会社に関してはフェリー不況時代のダイヤモンドのほうが好感が持てるし
    空きがあれば乗せてくれたし
    三井グループは団体枠を出港ギリギリまで押さえて直前に一般に解放するシステムだから予約が取りずらいし