1枚2役の「地域連携ICカード」宇都宮で導入へ Suicaと地域独自サービスの両方に対応

2021年春導入へ!

Large 190731 jrechiikisuica 01
「地域連携ICカード」の利用イメージ(画像:JR東日本)。

 宇都宮地域の交通事業者などで構成する宇都宮ICカード導入検討協議会と、JR東日本は2019年7月31日(水)、「地域連携ICカード」を利用したIC乗車券サービスの提供について合意したと発表しました。

 地域連携ICカードは、バスの定期券や各種割引といった地域独自のサービスと、ICカード「Suica」のサービスが利用できる1枚2役のカードです。Suicaエリアの鉄道・バスの利用、電子マネーでの買い物に加え、地域独自のポイントや行政サービスなどもあわせて1枚のICカードで利用できます。2021年春のスタートに向けて開発が進められます。

 IC乗車券サービスの対象路線は、関東自動車の一般路線バス全線、ジェイアールバス関東の栃木県内の一般バス路線全線、開業に向け準備が進む宇都宮ライトレールの全線です。関東自動車とジェイアールバス関東は2021年春から、宇都宮ライトレールは2022年春から、それぞれサービスの提供が始まる計画です。

【了】

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 一番気になるのは、現状のバスカードと同等のプレミアが堅持されるのかどうか。。。
    他地方同様「ICカード」と引き換えにプレミアのサービスが終了してしまわないか。。。それが一番気になる。