9年ぶりJALの名でB747「ジャンボ貨物機」飛ぶ 機体に「鶴丸」 カリッタ航空と共同運航

JALがカリッタ航空と共同で、定期貨物便の運航を成田~シカゴ線で開始しました。かつてJALは貨物便を飛ばしていましたが、2010年に休止。今回の9年ぶり復活は、その最後のフライトと同じ機種、ボーイング747-400F型機でした。

初便のジャンボにはJALの「鶴丸」も!

 JAL(日本航空)が2019年8月1日(木)より、成田~シカゴ線でカリッタ航空(アメリカ)と定期貨物便のコードシェア(共同運航)を開始。この初便が到着した8月2日(金)、成田空港でセレモニーを行いました。

Large 190802 jalf 01

拡大画像

成田空港へ到着したJALとカリッタ航空のコードシェア初便(2019年8月2日、乗りものニュース編集部撮影)。

 JALの貨物便は、1959(昭和34)年の羽田~サンフランシスコ線から約50年にわたり運航され、ピーク時の2007(平成19)年には26都市、32路線に就航していました。しかし経営破綻の影響で、2010(平成22)年の10月末をもって貨物便を休止。成田空港で行われたラストフライトの機材は、「ジャンボ」と呼ばれるボーイング747-400F型機です。

 貨物便の休止以来、JALは旅客便の貨物室や、特定需要に応じて貨物専用機をチャーターする「エアラインチャーター制度」を使って、その輸送に対応してきたといいます。

Large 190802 jalf 02 Large 190802 jalf 03 Large 190802 jalf 04

拡大画像

スポットに向かうボーイング747-400F。
胴体は真っ白に見えるが……。
胴体側面には「鶴丸」が描かれていた。

 今回、カリッタ航空との共同運航という形ですが、JAL運航の定期貨物便は約9年ぶりの復活になります。週3往復で、スケジュールは成田発が木、土、日曜、シカゴ発が水、木、土曜。いずれも給油のため、アンカレッジを経由します。

 カリッタ航空は、2000(平成12)年に設立された貨物専用機運航会社。2019年8月現在、貨物専用機を33機保有しています。JALとの共同運航で使われる機種は、2010年のJAL貨物便ラストフライトと同じ型、ボーイング747-400F型機です。

【写真】9年ぶり「鶴丸」貨物ジャンボ!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント