Suica乗車でポイント還元、10月開始 モバイルは2%、カードは0.5% JR東日本

JR東日本が、登録した「Suica」で同社の鉄道を利用すると「JRE POINT」を付与するサービスを開始。利用額に応じて「モバイルSuica」は2%、カードタイプのSuicaは0.5%を還元します。今後もサービスは拡大する予定です。

「JRE POINT」を付与

 JR東日本は2019年9月3日(火)、登録した「Suica」で鉄道を利用すると「JRE POINT」がたまるサービスを10月1日(火)に開始すると発表しました。

Large 190903 jrepoint 01
ポイント還元サービスのイメージ(画像:JR東日本)。

 事前に「JRE POINT」に登録したSuicaでJR東日本の鉄道をチャージ残高で利用すると、「JRE POINT」が付与されます。還元率は、在来線だと、1回の利用額に応じて「モバイルSuica」は2%、カードタイプのSuicaは0.5%です。

 たとえば東京駅から津田沼駅(千葉県習志野市)まで利用した場合(10月以降の運賃473円)、モバイルSuicaだと9ポイント、カードタイプのSuicaだと2ポイントがそれぞれ付与されます。

「Suicaグリーン券」の購入も還元率は同様です。「モバイルSuica定期券」の購入も、購入額の2%がポイントで還元されます(カードタイプ、磁気券は対象外)。

 付与された「JRE POINT」は、1ポイント1円として、Suicaチャージや駅ビル店舗、ネット通販などで使えます。なお、無記名Suicaや記念Suicaは「JRE POINT」に登録できません。

今後は、繰り返し利用でさらに付与も

「JRE POINT」の付与は2020年春以降、Suicaのチャージ残高で新幹線の普通車自由席に乗れる「タッチでGO!新幹線」にも対応予定。同年12月以降は、回数券のように繰り返しSuicaで鉄道を利用するとさらにポイントを付与する施策も検討中としています。

 2021年春以降は、「えきねっとポイント」と「JRE POINT」を統合し、「えきねっと」での利用額に応じても「JRE POINT」を還元するようにする計画です。

 また、「JRE POINT」の使い道として、新幹線座席のアップグレード(グリーン車、グランクラス)や、新幹線・在来線特急に乗車できる特典チケットを新たに加えることも検討中としています。

【了】

【図】「JRE POINT」のサービス全体イメージ

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190903 jrepoint 02
  • Thumbnail 190903 jrepoint 01

最新記事

コメント

Leave a Reply to asamasanroku-rail Cancel reply

1件のコメント

  1. 早急に「無記名タイプ」にも導入をしてください